暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

2016年09月07日時点の情報です

女性向け

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

アイコン
null
null

あーっ! 今カシャリとシャッターを切ったそこのお兄さん!
お姉さんに何のご用でショウか!?

null
null

えっ、なになに!? アルボどうしたの? 急に電気なんて出して。

null
null
アイコン
null
アイコン
null
null

対盗撮者用ビリビリ攻撃デス! お姉さん、ふんわりスカートは素敵デスが、警戒心までフワフワにならないよう注意が必要デスよ。

null
null

えっ、盗撮されてたってこと!? ヤダ、気持ち悪い! ゲームでもしてるのかと思ったわ。
盗撮なんて考えたこともなかったけど……もしかして、こういうことって多いの?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

実は、多いのデス。盗撮の場所や時刻、使われる供用物の傾向を見てみまショウ。

null
null

平成24年中の迷惑防止条例違反の盗撮事犯(※)の検挙件数は2408件。犯行場所で多かったのは、「ショッピングモール等商業施設」(28.7%・691件)と「駅構内(階段・エスカレーター)」(28.0%・675件)でした。(※各都道府県警察において,「下着等の撮影」又は「通常衣服を着けない場所における盗撮」として判断したもの)

null

盗撮といえば「トイレ」とか「温泉」のイメージだったわ。
一番狙われやすいのは「ショッピングモール」に「駅構内」……どちらも混雑しやすくて段差があるわ。
「書店」や「レンタルビデオ店」も意外と多いのが気になるわ。

null
null
アイコン
アイコン
null
null

こちらは目の前のものに集中しやすい場所デスね。
犯罪といえば夜間に行われる印象がありますが、盗撮に関しては少し違うのデス。

null
null

一方、犯行時間は「15時から18時」(30.3%・730件)が最多。次いで「18時から21時」(21.8%・526件)、「12時から15時」(13.9%・335件)と続きます。

null

むしろ昼間の方が多いじゃないの! 明るい場所じゃないと撮れないからかしら……。

null
null
アイコン
null

供用物では「スマートフォン」が(32.9%・792件)、「カメラ付き携帯電話」が(29.8%・718件)で、あわせて60%以上を占めました。これまでは、「小型カメラ」や「ボールペン型カメラ」といった特殊な機器が使われてきましたが、近年はスマホの普及やカメラ機器の性能向上によって身近なツールが盗撮に使用されています。

アイコン
null
null

スマホの場合、シャッター音が出ないカメラアプリなども出回っていて、撮られても分かりづらいことも多いはず。
だから、スカートをはいた乙女気分のときほど、背後には細心の注意が必要デス! 

null
アイコン
null
null

そうそう、常に警戒心を持っておくことが大切デスよ。
後ろに怪しい人がいると感じたら、この対策を思い出してくだサイ!

null
null
スマートフォンによるスカート内盗撮を予防する対策4つ

不自然にバックやスマホを構えていたり、背後をうろついていたりする人がいる場合は、一度立ち止まり、相手を先に行かせましょう。

ショッピングモールや駅、書店、レンタルビデオ店をはじめ、公共の電車やバスの座席を利用するときも用心してください。

スカート内の盗撮被害をあらかじめ防止するためにも、段差のある場所ではバッグや上着などで上手にガードしましょう。

盗撮を見つけたら、警察に届けましょう。携帯電話やスマホ、カバンに仕込んだカメラによる盗撮は、いずれも「迷惑防止条例違反」や「軽犯罪法違反」などにあたります。

null

ちなみに、カメラアプリを使ったスマホゲームの流行もあり、多くの人がプレイを楽しむ一方で、盗撮犯がゲームで遊ぶふりをしながら盗撮を行っているケースについても報告されています。

アイコン
null
null

それはそうと、お姉さん。さっき、ぼくのお腹を撮ってませんでしたか?

null
null

えっ。うん、かわいくて笑えたから、つい……。
「アルボのお腹、まんまる~(笑)」ってツイートしたらみんなシェアしてくれたよ。
あれっ? アルボ、泣いてるの?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

ひどいデス。ポッコリお腹、気にしてたのに……もうお外を歩けまセン。

null

性的な目的による盗撮のほか、他人の姿を勝手に撮影し、SNSなどに掲載するタイプの盗撮も増えています。高校生や大学生といった若い人が「仲間内で笑いたい」「面白がりたい」という気持ちで、他人を隠し撮りしてSNSで拡散してしまう事件が後を絶ちません。

2015年12月には、電車の中で眠っていた女性をスマートフォンで無断撮影し、相手を侮辱するようなコメントとともにツイッターに投稿したとして、高校2年生の女子生徒が「侮辱罪」の疑いで書類送検されました。

アイコン
null
null

若い女性が中高年の男性に対して、面白半分に隠し撮りの写真を投稿するケースも多いようデス。

null

本人の同意を得ず勝手に撮影した場合は「肖像権侵害」、その人をおとしめるようなツイートを行えば、送検された高校生のように「侮辱罪」や「名誉棄損罪」といった罪に問われることもあるとされています。

null

そっか、私がアルボのお腹を激写しちゃったのも盗撮だったのね……。
ちょっとした出来心で加害者になっちゃうことがあるんだわ。猛反省!

null
null
アイコン
アイコン
null
null

被害者にならないようにしっかり予防することも大切デス。
同時に、加害者になってしまわないように、カメラを使う場合は気をつけまショウね!

null
「盗撮」や「隠し撮り」って想像以上に身近な犯罪でびっくりしちゃった……。女性の皆さん、背後に目を光らせて防御して!電車の座席や公園、カフェなどで座るときも用心してね。同時に、自分も盗撮犯にならないように気を配る必要があるわ。スマホだと、つい気軽にレンズを向けてしまいがちだけれど、他人を勝手に撮るのは厳禁ってこと、肝に銘じておくわ。

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
長時間、移動するなら知っておきたい!旅行者を襲う「エコノミークラス症候群」の予防法

更新日:2016.07.06

いよいよ夏休みシーズン到来! 飛行機で飛び立つ空の旅、クルマの旅、鉄道の旅など、家族で夏の旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。でも、長時間の移動は同じ姿勢で座ることになり、ふくらはぎが痛くなったり、腫れてきたりすることも……。その症状、もしかしたら「エコノミークラス症候群」の兆候かも!?

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!