お知らせ

ALSOK PCACSの販売開始について
〜1枚のカードで防犯から情報セキュリティまでをトータル管理〜
2005年
12月
1日
                                             
1 概要
  本年4月の個人情報保護法の全面施行に伴い情報セキュリティへの関心が高まっていますが、個人情報漏洩事故の実態は書類やFD等記録媒体の盗難やPCの紛失など人が介在したものが主であり、入退室管理やPCのログイン管理など人の行動管理が重要な対策となります。そこで、ALSOK綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村井 温 以下ALSOK)では、本年4月より1枚の非接触ICカード(FeliCa方式 以下「ICカード」)で「防犯管理」「出入管理」「PC管理」の3つのセキュリティを一元化した「ALSOK情報セキュリティソリューション」を提供しておりますが、このたび新たな商品としてPCログイン認証ソフト「ALSOK PCACS(PC Access Control Software)」(平成17年10月14日商標出願済み)の販売を開始しました。

2 商品の特徴
(1) 導入が簡単
  PC毎に導入するだけで使用でき、サーバー等の構築が不要なことから導入時の初期コストが低減できますので少人数の企業でも手軽に導入できます。
(2) 低コストながら必要十分な機能
  低コストながら、PCの利用を制限するだけでなく、PCの操作履歴を残すことができるなど必要十分な機能を備えています。
(3) 拡張性
  オプションのログサーバーキットを導入することでログサーバーから各PCのログを収集し一括管理することもできます。

3 ALSOK PCACSの利用方法
 ICカードをFeliCa対応カードリーダー/ライター(以下、「カードリーダー」)にセットするとPCにログインでき、PCの利用が可能となります。
ログイン中にICカードをカードリーダーから外すことによりPCにロックがかかり、一時的にPCの利用が制限されます。再び、ICカードをカードリーダーにセットすると、ロックが解除され、PCを利用することが可能となります。
 これらの操作履歴は、PC内に記録されます。

4 ALSOKが提供する情報セキュリティソリューションのサービスイメージ
 1枚の非接触ICカード(FeliCa方式)で、建物や部屋の入退室管理とPCのログイン管理に加え、機械警備のON/OFF操作が行えるトータルシステムを構築することができます。また、各操作の履歴を記録でき、社員の行動管理を行うことができます。
 さらに、ICカードを社員証として利用することできる他、出退勤システムとの連動でタイムカードとしての利用も可能です。

5 販売開始日
 平成17年12月14日

6 販売価格(税別)

(1) ソフト

基本パック 49,000円(5台)
追加ライセンス 6,000円(1台)
ログサーバーキット(オプション)
224,000円

(いずれも1年間のサポートサービス料を含む)

(1) ハード

非接触ICカード(FeliCa方式)
1,600円(1枚)※社員証は別途費用
FeliCa対応ICカードリーダー/ライター
2,980円(1台)
 
7 今後の展開
 ALSOKは情報漏洩事故の殆どが、人が介在したものであることから、その対策は人の行動管理が最も重要であるとの視点に立ち、ALSOKの警備サービスで蓄積されたノウハウを活かし、物理空間とPCネットワーク等のサイバー空間におけるシームレスな人の行動管理を中心に、物理的セキュリティと情報セキュリティを融合した、トータルソリューションを提案して行く予定です。
*FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部
mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る