ニュースリリース

〜防犯機能と花粉除去機能を兼ね備えた「安心・安全」なスペース〜
大和ハウス工業「セーフティアゲインルーム」への
ALSOKによるセキュリティサービス提供について
2013年
5月
31日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野 直竹)が2013年6月1日(土)に販売を開始する「セーフティアゲインルーム」において、ガードマン駆けつけ等のセキュリティサービスを提供することになりましたので、お知らせいたします。


  「セーフティアゲインルーム」は、不審者から一時的に身を守る「セーフティルーム機能」と、衣服に付着した花粉・粉塵・PM2.5などを吹き飛ばす「エアシャワー機能」を兼ね備えた、住宅業界初の賃貸住宅向けオリジナル商品です。

  「セーフティルーム機能」は、緊急時に非常ボタンを押すと「セーフティアゲインルーム」の扉がロックされて不審者の侵入を防ぐとともに、ALSOKによる画像監視やガードマン駆けつけ等のサービスも提供いたします。


  ALSOKは、すでに大和ハウス工業の防犯配慮型賃貸住宅「セジュールウィット−S」「セジュールオッツ−S」等において、ホームセキュリティサービスを提供していますが、本商品で、より高度なセキュリティを実現できるものと考えております。


  ALSOKは、今後も賃貸住宅にお住まいの方の安心・安全の実現に尽力してまいります。



1 商品名

    「セーフティアゲインルーム」
    (店舗併用型3階建賃貸住宅商品「アバンウェル ディッツォ−HV」に標準搭載)


2 サービス概要図(セーフティルーム機能)

サービス概要図(セーフティルーム機能)

3 商品特長(セーフティルーム機能)

(1)ドアロック機能

    「セーフティアゲインルーム」の入口横に設置された非常ボタンを押すと、電気錠が作動してドアがロックされ、不審者の侵入を防ぐとともにALSOKにも通報されますので、安心です。なお、入口ドアには防犯合わせ強化ガラスが採用されています。


(2)ALSOKによる画像監視

    ALSOKが「セーフティアゲインルーム」の天井に設置された画像センサー (カメラ)で画像を監視していますので、より的確な対応を行うことが可能です。


(3)ALSOKとの通話機能

    非常ボタンを押すとALSOK(ガードセンター)と通話できるため、状況を正確に判断できるだけでなく、通報者の方にも安心感を持ってもらうことができます。


(4)ALSOKガードマン駆けつけ

    緊急事態が発生した場合も、ALSOKガードマンが直ちに現地へ駆けつけて対応しますので、安心です。また、状況に応じて110番・119番通報も行います。


4 商品仕様

(1)主な装備

    非常ボタン・電気錠・画像センサー・スピーカー(ALSOKの警備システムと連動)、防犯合わせ強化ガラス、エアシャワー


(2)スペース

    巾:1,000〜1,200mm、奥行き:1,200〜1,600mm、高さ:2,200mm


5 「セーフティアゲインルーム」設置例(1階部分)

「セーフティアゲインルーム」設置例

6 販売(サービス提供)エリア

    全国


7 販売(サービス提供)開始日

    2013年6月1日(土)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る