お知らせ

「法人向け 盗聴器探索サービス」の販売開始について
〜盗聴対策ソリューションサービスを提供〜
2007年
3月
13日

ALSOK 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村井 温、以下 ALSOK)は、法人企業を対象とした『盗聴器探索サービス』の販売を3月13日より開始いたします。

■ 背景と経緯
近年、個人情報や、機密情報の漏洩が社会的な問題となっています。このようなことから、各企業では、リスク管理のひとつとしてオフィスのセキュリティ等、ハード面の整備や、内部統制により対策を図ってはいます。
しかし、盗聴、盗撮等によって情報を意図的に入手しようとする「悪意ある第三者」による犯罪はとどまることを知らず、個人情報の流出、機密情報の漏洩がいまだ大きな問題となっています。
 ALSOKでは、2005年2月からホームセキュリティのご契約先を中心に「個人向け 盗聴器・盗撮器探索」のサービスを提供しておりますが、法人企業からも盗聴器探索に関する多くのご相談、ご依頼をいただきました。
そこで本サービスの対象を、法人企業向けに拡大し、提供することといたしました。

■ 「法人向け 盗聴器探索サービス」 
ALSOKでは、以前より企業に対して警備機器の販売や警備を実施していますが、多くの企業において、情報漏洩に対する防犯対策は、機械警備に依存してきました。
そこで、ALSOKの盗聴器探索サービスでは、盗聴器を仕掛けられやすい場所や、その対策等を独自に診断する「盗聴器安全対策・改善提案」をはじめ、専門の探索技術員が、個人向け盗聴器探索の機材よりも高精度な機材を使い、より高度な探索サービスを提供する等、様々な角度からお客様の安全を守ります。

<概要>
◎ 対象:法人企業
◎ 販売地域:全国(沖縄県および、一部離島を除く)
◎ 実施形態:多摩綜合警備株式会社(ALSOKグループ)による
◎ サービス開始日:2007年3月13日


■法人向け 盗聴器探索サービスメニュー

フェーズ 実施項目 内 容
フェーズ1
「盗聴器探索 調査」 無線式盗聴器探索
デジタル無線式盗聴器探索
スクランブル盗聴器探索
電力線搬送式盗聴器探索
◎高速チューニング機能と、電波の解析機能をもつ高精度な探索機材を使い、未知の周波数で、不定期に動作する発信機を探索します。
(オプション)
埋蔵式盗聴器
◎壁や、パーテーションに埋め込まれた非発信型盗聴器を、特殊機材の使用により、壁やパーテーションを破壊することなく探索します。
フェーズ2
「盗聴対策・
改善提案」 盗聴対策提案
◎フェーズ1で実施した結果を基に、電波の測定、解析サンプリングにより具体的な報告を行います。また、施設内で盗聴されやすい場所や、今後の盗聴対策について、撮影した写真等を基に、企業の環境に最も適した盗聴対策提案を提供します。

   ◎販売価格
  施設探索エリアの広さ(嵜堯法▲プションにより設定。
   1000屬婆鵤沓伊円〜(税抜き:基本サービス:交通費は別途となります)

■ 販売計画
来年度中に、40件の受注、2000万円の売り上げを目指し、状況により更に販売推進いたします。

 

 
盗聴器探索専用機
(スキャンロックM2コンプリート)
 
 
 
 
 
埋蔵式盗聴器
(スーパーブルーム) 
 
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る