お知らせ

PASMOを利用したALSOK出入管理サービスを開始
2007年
4月
6日

 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、社長:村井温、以下ALSOK)は株式会社パスモ(本社:東京都新宿区、社長:大垣雅則 、以下パスモ)と2007年1月、交通ICカード「PASMO」の商標利用許諾に関する契約を締結いたしました。
これに伴い、ALSOKが提供するICカード対応の出入管理システムにおいて、交通ICカード「PASMO」をご利用いただくことが可能となります。

■■ 背景
 近年、個人情報管理を目的とする、出入管理システム等セキュリティの強化を図る企業が増えています。ALSOKでは、小規模施設から大規模施設まで対応する出入管理システムを販売しており、従来、生体認証や、Felicaカードを利用することで行われてきました。
 今回、3月18日から交通ICカード「PASMO」によるサービスが開始され、首都圏の鉄道、バスの利便性が飛躍的に向上することとなりました。
 そこで、出入管理を行うカードに「PASMO」を利用いただくことで、出入管理カードを携帯される方の利便性を向上させることが可能となりました。

■概要
 ALSOKのICカード対応出入管理システムにおいて、「PASMO」の利用が可能となります。
 本サービスは、お客様個人で購入されたPASMOを、登録していただくことで出入管理カードとしてご利用いただけるものです。
 これによりお客様が日頃、使用されている定期券や出入管理カードが1枚で済む他、管理コストの削減を図ることが可能になります。

※ PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
※ Felicaは、ソニー株式会社の登録商標で、同社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※ 螢僖好眈ι戸用許諾済 第7号

※ PASMOマーク  及び  は螢僖好發本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。

※ 螢僖好發療垤腓砲茲衢醜陲覆PASMOカードが交換されることがあります。

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る