お知らせ

ESG投資指数「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定
2017年
7月
7日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、このたび、グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russell社(注)により構築された「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定されました。


「FTSE Blossom Japan Index」は、ESG(環境、社会、ガバナンス)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、業種の偏りを最小限に抑えるため、業種ニュートラルとなるよう設計されています。

FTSE Russell社はコーポレートガバナンス、健康と安全、汚職防止、気候変動といったESGテーマの企業評価を行っており、「FTSE Blossom Japan Index」は、ESG評価に基づき、環境、社会、ガバナンスに関する多様な基準を満たしている企業により構成されています。なお、本指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株のパッシブ運用を行う際のESG指数に選定されています。


ALSOKは、いつの時代もお客様と社会の「安全・安心」に貢献してまいりました。今後も多様化するステークホルダーの皆様のニーズに応えることができるよう、持続的な企業価値の向上を目指していきます。




    • FTSE Russell社は、ロンドン証券取引所の100%出資子会社で、インデックスの構築と管理を世界規模で展開する企業。

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る