CSRニュース - コミュニティ
2013/02/21
ALSOK ALSOK小林隊員 振り込め詐欺から夫婦を守る
 先日、女性向けファッション情報誌「SPUR」2月号で制服男子として登場したALSOK中央支社の小林隊員が業務のためにATMコーナーに訪れたところ、携帯電話で話しながらATMを操作するご夫婦の姿がありました。

 まさかと思い声をかけたところ、ご主人は「お金をもらえる手続きなんだ、払うわけじゃない。」と全く応じてくれません。念のため、隣にいた奥様に事情を伺うと「区役所の福祉課から還付金が戻ってくると言われた。」と返答がありました。このため、還付金詐欺の可能性があることを伝え電話を代わってもらいましたが、すでに切れていました。

 その後小林隊員の勧めにより、ご夫婦は最寄りの交番に届出をされ、確認したところ取引は成立しておらず被害に遭わずに済んだとのことです。

 還付金詐欺は当事者に被害に遭っているという認識をさせないよう巧妙に仕組まれています。常日頃、ご家族や周囲の方からの声かけが重要とあらためて認識させられます。

小林隊員コメント
 還付金詐欺は、誰でも被害者になりうる身近な犯罪だということを再認識しました。しかし同時に、その被害は声をかけるだけで防止できるということも実感しました。日頃から業務においては内容によらず、様々なことに目配りして事件・事故の未然防止をすることを心がけています。今後も同様に周囲に気を配りつつ行動していきたいと思います。