防犯対策ならALSOK HOME ALSOK トップ ライフサポートコラム 空き巣に狙われやすいマンションの特徴って?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

空き巣に狙われやすいマンションの特徴って?

賃貸オーナー様向け
オートロックやカメラ付きインターホンなど、セキュリティがしっかりしたマンションでも、空き巣の被害は後を絶ちません。泥棒に狙われやすいマンションと、そうでないマンションには、どんな違いがあるのでしょうか?

アイコン
セキュリティが充実した最新のマンションだって、空き巣による被害が出るらしいぞ。一体どういうことなんだ?
実はマンションって、泥棒にとっては好都合な要素がたくさんそろっているんデス。その理由を今から説明しまショウ。
アイコン

●大型マンション

扉や窓、ベランダなど、同じような構造の住戸がそろっているため、泥棒にとっては一度にたくさんの犯行が可能です。

●賃貸マンション

独身の入居者が多い、日中は不在の部屋が多い、顔見知りが少なく大きな荷物を持ち出しても怪しまれない、などの理由から、犯行しやすい建物といえそうです。

さらにマンションの階数別被害率は、1階、2階に次いで、なんと6階以上が高いという結果が報告されています。侵入しやすく逃げやすいのが低層階ですが、実は高層階も狙われています。

マンションでは、最上階に近い部屋が一番被害に遭うことが多いんデスヨ。上層階は人目も少ないので、意外と空き巣犯罪の盲点デスヨ。
アイコン
アイコン
それは知らなかったよ……。一般に、マンションって上層階の方が家賃も高いのにひどいなぁ。でも、泥棒はどうやって侵入するんだろ?

警視庁の調査によると、やはり窓からの侵入が多いようです。上層階が狙われやすいのは、いったん外階段などで屋上に上がり、最上階の住戸のベランダから侵入するとみられています。

さらに、空き巣の侵入手口を見てみると、中・高層住宅およびその他の住宅で「無締り」が多くの割合を占めています。

マンションにおける防犯対策は、いったいどうすればよいのでしょうか? 各住戸における注意点をまとめてみましょう。


●窓からの侵入

補助錠が有効。ガラスのこじ破り、焼き破りなど、新手の手口にも効果的です。クレセント錠のほかに、上下2カ所に補助錠を設置するのがおすすめ。

●ドアからの侵入

ピッキングされにくいシリンダーに替えることや全国防犯協会連合会の認定を受けた「CP−C」錠などの耐ピッキング性能が高い鍵に付け替えることが効果的です。また、玄関扉に鍵を二つ付けるダブルロックなども侵入抑止に有効。

●サムターン回し

サムターンカバーをつけて対抗しましょう。
とはいえ、たとえば分譲マンションの場合は、窓に補助錠をつけるのはともかく、ドアの鍵を勝手に換えたり、ロックを増設したりする場合は、管理組合の許可が必要になってきマス。
アイコン
そうなんだよね。賃貸マンションの大家としては、住民のみなさんが安心して住めるよう、多少の投資をしてでもセキュリティ強化は意識していかなきゃ、だよね。

コラム一覧

コラム一覧
なんだこりゃ!? 家に変なマークが書かれる「ドア・マーキング」にご用心

更新日:2015.11.04

家の表札やドア周りを見ると、謎の記号や貼った覚えのないシール……。ご自宅の玄関周りでこうした異変に気付いた場合はご用心! 何者かが“仲間”に向けて残していったマーキングかもしれません。インターネット上でも、「M」「W」「学」「ル」といった文字を書き込まれた、シールを貼られたとの報告を見かけることも。みなさんのご自宅は大丈夫ですか?

ためしてALSOK
お部屋を見守る防犯カメラ「アルボeye」を使ってみた

更新日:2016.10.26

今回は最新の家庭用防犯カメラの使い心地をチェック! 「HOME ALSOKアルボeye」のカメラ、その性能とは!?