暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

油断大敵! デキル女性の外出時防犯テクニック

2012年11月28日時点の情報です

女性向け

痴漢やひったくり、盗撮、ストーカー、強姦、強盗……。 女性がターゲットとなりやすい犯罪には、種類も手口もたくさんあります。 外出先、こんな犯罪に巻き込まれることのないよう、シーン別の防犯テクニックを解説しましょう!

アイコン
null
null

友だちが最近、通勤電車で痴漢にあうらしいのよね。でも「騒ぎ立てるほどじゃない」なんて思って、結局言わずじまいなんだって。あたしなら警察に突き出しちゃうけどな~。

null
null

お友だちはお気の毒デス。いつも同じ時間や車両を利用する人を狙う痴漢も多く、一度抵抗しないことがわかると何度も狙われてしまうこともあるのデス。

null
null
アイコン

日頃から通勤で電車やバスを利用している場合は、乗車の時間や車両を変えたり、混んでいる車両は避けたりするなど、自衛しましょう。混んだ車両に乗らざるを得ない場合は、注意するポイントは下記です。


●混雑が激しいドア付近は、身動きを封じられやすく、かつ犯人が逃げやすいため避ける。
●車両連結部付近も身動きを封じられやすく、周りからの死角となりやすいため避ける。
●できるだけ、露出の少ない服装を心がける。
●鞄などで自ら体をガードし、接触部分を少なくする。
null
アイコン
null
null

万一、痴漢にあったら犯人の手を掴んで高く上げ、痴漢であることを周りに知らせまショウ! 痴漢は犯罪だということをを反省させねばなりまセンッ!

null
null

逆恨みとかが怖くて言えない女性もいるわ。痴漢に遭わないよう、女性専用車両がある場合は、日常的に利用するのもアリかもね。

null
null
アイコン

一方、女性にとってはエレベーターのような密室も非常に危険な場所です。見知らぬ男性とは一緒にならぬよう、周囲を確認しながら乗ること。もし乗らざるを得ない場合は、次のことを心がけましょう。


●いつでも操作ボタンが押せるよう、ボタンに近い位置で他人に背を向けずに立つようにする。
●万が一エレベーター内で危険に遭遇した場合は、押せる限りすべての階のボタンを押し、開いた階で即座に降りる。
●新たな住居を探す場合は、監視カメラのついたエレベーターが装備されているなど、防犯性能の高いマンションを選ぶ。
null
アイコン
null
null

そうか、密室も犯罪の温床なのね。ひったくりとかストーカーの恐れもあるし、女性には怖いものがいろいろとあるわね……。

null

危険を感じたとき、心強い味方となる道具が「防犯ブザー」です。万が一の場合には、紐やチェーンを引っ張ることで大音量が響き渡り、周囲の人に身に危険が迫っていることを知らせることができます。

近年は、携帯性やデザイン性に配慮さした商品も数多く市販されており、アクセサリーのようなオシャレなものや誤作動防止機能がついているモデルもあります。

アイコン
null
null

とにかく、隙を見せないことが犯罪予防になりマス。バッグを開けっ放しだったり、だらしない姿で歩いていたりする女性は、隙だらけに見えマスから要注意デスよ。

null
null

デキる女っぽく、背筋を伸ばしてシャキッとしてればいいのね! それならカンタンよっ! あれ? 今背中がボキッって……お、折れてないわよね? ちょっと、聞いてる?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

デキる女になれるかどうか、非常に心配デス……。

null

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!