HOME ALSOK トップ  >  ためしてALSOK  最新のセキュリティサービスが大集合!「SECURITY SHOW 2015」に行ってみた

ためしてALSOK

ためしてALSOK

最新のセキュリティサービスが大集合!「SECURITY SHOW 2015」に行ってみた

3月3日から6日にかけて、東京ビッグサイトで行われた「SECURITY SHOW 2015」。3日間で12万人以上が訪れ、業界内外から注目されるこのビッグイベントに、アルボたちが潜入しました。

第23回「SECURITY SHOW 2015」では、「総合セキュリティゾーン」をはじめ、「ハイセキュリティゾーン」、「IPネットワークカメラゾーン」などが設けられ、多くのセキュリティ関連企業が出展しました。

アイコン
ALSOKも毎年、このSECURITY SHOWで最新のサービスを展示しているんデス。今回は、最新サービスが集結したALSOKブースの潜入レポートをお届けしマス!
あっ、見てみて! 見覚えのある飛行ロボットもあるよ。
アイコン

▼ALSOKのサービスに飛行ロボット登場!飛行シーンに密着してみた
http://www.alsok.co.jp/person/tellme/14/

アイコン
「アルボeye」もありマス! これは、いわばご自宅に置ける小さな監視カメラ。外出先から画像と音声で自分のお部屋をチェックできるんデス。ウフフ。
もー、アルボったらはしゃいじゃって。自分の名前をつけてもらえてうれしいんでしょ。
アイコン
アイコン
そりゃあもう、わが子のようデス。ぼっちゃん、ここにはぼくのカワイイ後輩もきてるデスヨ。
アイコン
「本邦初公開の「Reborg-X(リボーグ・エックス)」くんデス!

全国のショッピングセンターやオフィスビル、科学館などで働いているALSOKのロボットたち。この「Reborg-X」も警備と案内ができる自律走行型ロボットとして誕生しました。

24時間365日、休まず活動できるのがロボットのいいところ。警備員と協力することで、セキュリティやサービスレベルの向上が狙えるのです。

タッチパネル画面に「施設案内」「ゲーム」「スタッフ通話」「カメラ映像」ってあるね。
アイコン
アイコン
そう、「Reborg-X」くんはいろんなことができるんです。たとえば……。

地図を記憶して自律走行することはもちろん、“おまかせ走行”も可能。自動で走りながら、設定エリア内をガイドすることもできます。

走行時間もこれまでのロボットに比べて飛躍的に伸びました。また、小回りがきいてスムーズに動けるようになりました。

アイコン
顔のように見える部分には、カメラを搭載していマス。ちょっと彼が見ている景色をのぞいてみまショウか。
えっ、これ!? すごく鮮明に見えているね!
アイコン
アイコン
そう。「Reborg-X」くんはいろんなセンサーを内蔵していて、監視カメラの顔認証機能による人物認証もできるんです。この機能を使うと……

設定エリア内の侵入者を検知するのはもちろん、あらかじめ記録していた特定人物の早期発見もできます。

アイコン
もちろん、立ち入り禁止区域の警備もお手の物!
この先が立ち入り禁止であることを、モニターと音声を使って知らせてくれます。
アイコン
ほかのロボットにはない機能もあるんですよ。
たとえば、タッチパネル下のおなか部分を開けると……。

ロボットを介してスタッフなどと通話をする機能はこれまでにも存在しましたが、周囲に聞かれたくない内容を話したいとのニーズもあったことから、電話の受話器を内蔵。指定先である施設のオペレーターや警備員との通話が可能です。

ねえねえ、「ゲーム」のボタンを押すとどうなるの?
アイコン
アイコン
タッチパネルを使ったゲームが楽しめマス。「Reborg-X」は現時点で7〜8種類のゲームを内蔵。こうしたロボットならではの演出で、集客アップも狙えるんデスヨ。
楽しいなぁ。ロボットなのに、なんだか友だちみたいに思えてきちゃった。
リボーグに会いに来るお客さんも増えそうだね。
アイコン
アイコン
続きまして、「ALSOKハイパーセキュリティガード®」にご注目!
この警備員さん、いろいろとすごいものを装備しているんデスヨ。

たとえば、目には「ウェアラブル型カメラ」。

固定カメラでは取得できなかった、警備員の目線で見た映像情報をリアルタイムに「コントロールセンター」に送信することができるようになりました。

腕にはタフパット(携帯型情報端末)を装備しています。

IT機器を装備してるんだ! まさにハイパーな警備員さんだね。
アイコン

画像解析技術により、あらかじめ特定の人物の顔を登録しておけば、リアルタイムに検知できたり、地図情報で発見位置を知らせたりすることも可能です。

アイコン
実はこれ、オフィス商業ビルなどの施設をはじめ、広い空間や雑踏の警備を強化する「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント®」のサービスの一環として誕生したサービスなのデス。
広い空間や雑踏っていうと、イベントとか、お祭りのこと?
確かに、広い空間になればなるほど警備って大変そうだなぁ。
具体的にはどうするの?
アイコン
アイコン
カンタンにいえば、警備員とICT(情報伝達技術および解析技術)を組み合わせるのデス!

まず、このALSOKハイパーセキュリティガード®から得られる情報と、さきほど登場した警備ロボット「Reborg-X」やドローン(無人小型飛行ロボット)、監視カメラなどといった機器センサー群から得られる情報を、「コントロールセンター」に集約します。

そして、コントロールセンターでそれらの情報を統合し、映像や音声、文字情報、情報解析の結果などをすばやくALSOKハイパーセキュリティガード®にフィードバックするのです。

なるほど、警備員はその情報に基づいて動くことができるわけだね!
アイコン

大量の情報をスピーディにやりとりできることで、広い雑踏の警備はもちろん、不審者をすばやく検知したり、迷子を保護したり、外国人にその国の言葉で情報をナビゲートしたりといったことも可能になります。

今後も、ALSOKでは都市空間や大規模イベントなどの安心・安全を提供できるよう、積極的に各種イベントなどのトライアルを行っていく予定です。

警備員さんとロボットのタッグかぁ……。
はっ、ぼくとアルボが合体したら、勉強も超スラスラできるようになるんじゃない!?
アイコン
アイコン
そ、そこは実力でがんばって、ぼっちゃん!
コホン、それでは最後に、「まもるっく」をご紹介しましょう。

これは、GPSを利用した位置検索・駆けつけサービスに加え、通話機能や安否確認機能のついた“モバイルみまもりセキュリティ”。転倒や徘徊から高齢者を、連れ去りやストーカーなどの危険から女性や子どもたちを守る日本初の見守りサービスです。

まもるっく(モバイルみまもりセキュリティ)
見まもる・見つける・駆けつける。「家の外」での家族を見るもるモバイルセキュリティ端末
http://www.alsok.co.jp/person/mamolook/

アイコン
実は、これもスゴイ機能がいっぱいなんデスヨ!
次回の「ためしてALSOK」でじっくり使い心地をレポートしましょう!
最新セキュリティの世界ってすごいスピードで進化してるんだね。
ぼくも新学期からがんばろうっと!
アイコン
アイコン
ハイ! ぼくらがしっかり守りますから、安心して勉学に励んでくだサイ!

コラム一覧