ニュースリリース

燃料電池を搭載した警備用ロボットの開発
〜試作機をROBODEX2003に出展〜
2003年
4月
1日

 綜合警備保障株式会社は、燃料電池を搭載した警備ロボットの走行部を試作し、4月3日〜6日にパシフィコ横浜で開催されるROBODEX2003のSOKブースに出展いたします。
 当社では、他に先駆けて警備用ロボットの実用化に取組み、昨年4月に「ガードロボC4」の販売を開始いたしました。「ガードロボC4」は鉛蓄電池を用いていますが、充電を行なわずに、ロボットの長時間稼働を可能とするために、燃料電池への切り替えを試行しております。燃料電池は長時間の電力供給が可能なメリットだけでなく、発電後には水と人間が吐く程度の二酸化炭素だけが排出され、環境にも優しいロボットのエネルギーです。
 今回の試作機「XFCR−01」は、「ガードロボC4」の走行部に燃料電池を搭載したものです。燃料電池発電部や燃料タンクのスペースを確保するために、制御用コンピュータを1/5に小型化し、連続稼働時間を延長するために、制御用コンピュータの省電力化などによって消費電力を1/3に抑えました。
 稼働時間は、現在の機器構成では40分間程度ですが、高濃度のメタノールを希釈循環させることにより24時間の連続稼動も可能となります。将来的には一週間の連続稼動を目指し、2年以内に燃料電池を搭載した新機種の実用化を目標に開発を行います。

 【仕様表】
名   称:燃料電池ロボット XFCR−01

ロ ボ ッ ト:
連続稼動時間 約40分 [5.8%メタノール使用時]
外形寸法 640mm(W)×710mm(D)×820mm(H)
重量 約80kg[燃料搭載時]
走行速度 50cm/秒 [MAX]
燃料電池:
発電方式 直接メタノール式
定格出力 240W(24V,10A)
使用燃料 メタノール水溶液(5.8%)
燃料タンク容量 5リットル
燃料電池ロボット「XFCR-01」・ガードロボC4の画像はこちらからご覧下さい。
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部
mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る