ステップ 2: ドメイン名の確認

申請に使用するドメイン名の所有名義や種類(ne.jp)により、ドメイン名に関する追加書類の提出が必要になります。

以下の手順でサーバID申請に使用するドメイン名の確認をしてください。

1. ドメインの名義確認

ドメイン名の名義(“Registrant”または“組織名”)を登録レジストラのWHOISで確認します。確認方法はドメイン名の種類などにより異なります。
下表より、該当するドメイン名の確認方法をクリックしてください。

ドメインの種類 確認方法
.com .net 確認方法の詳細はこちら
.org WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します
.biz WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します
.info WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します
.jp(co.jp,ac.jp,or.jpなど含む) WHOISデータベースで該当ドメイン名を検索します
その他TLD(ccTLDなど) 確認方法の詳細はこちら
.ne.jp WHOISデータベースでは所有名義を確認できません。情報開示書※1をご覧ください。
※1 情報開示書:レジストリが発行するドメイン名登録情報を証明した書類です。
2. 申請後の認証時の注意点

「1.ドメイン名の名義確認」の結果、以下(A.B.)に該当する場合には、使用するドメイン名の使用権の有無を確認させていただく必要があります。

A. 申請団体とは異なる名義で所有するドメイン名(.ne.jp以外)の場合
(ア)ドメイン名登録者(WHOIS記載の”所有者:Registrant”または”管理担当者:
Administrative”または、”技術担当者:Technical”の連絡先)へEメールを用いて確認。

(イ)ドメイン名の前に以下の文字列をつけたメールアドレスへEメールを用いて確認。

・admin@
・administrator@
・webmaster@
・hostmaster@
・postmaster@

(ウ)Eメールでの確認ができない場合は、ドメイン名所有者への連絡およびドメイン名所有者による、以下の情報を含む書類の提出

・ドメイン名所有者のレターヘッドを含む書式
・コモンネーム(FQDN)の記載
・サーバID申請団体に使用権を認めることを明記
・部長職相当以上の役職の方の署名 ・作成日(証明書要求日以降の日付)

B. ne.jp ドメイン名の場合
WHOISでドメイン名所有者情報を確認できない場合は情報開示書の提出が必要になります。 必要となる書類や確認方法は、ドメイン名の種類や所有名義により異なります。

Symantec(シマンテック)、Symantec ロゴ、Symantec Secured、Symantec Secured ロゴ は、米国およびその他の国におけるSymantec Corporation またはその関連会社の登録商標です。その他の名称はその他に帰属する商標である可能性があります。

「ALSOKサーバID」の資料請求はこちらから

「ALSOKサーバID」の資料請求はこちら
証明書検索 テスト用サーバID

ALSOKseal
当ホームページでは、お客様の個人情報を保護するために、SSLサーバ証明書による暗号化通信を実施しています。上部のALSOKセキュアドシールは、認証を受けた実在している企業であること証明する全世界で認められたシールです。
  • ALSOKマイナンバーソリューション
  • ALSOKの防犯・防災グッズ通販ショップ
  • ALSOK塾
  • ALSOKの損害保険
  • An9(アンナイン) タイプS
  • 緊急地震速報システム
  • 安否確認サービス
  • ALSOKあんしん教室

情報警備TOPへ