暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

「自分は大丈夫」はNG!女性が気を付けたい夜間の帰宅時

2014年11月05日時点の情報です

女性向け

仕事が忙しく、帰宅が夜遅くなるという女性は少なくありません。ところが、「夜」は女性にとって犯罪に巻き込まれる確率の高まる魔の時間帯。かくいうお姉さんもつい先日、帰宅中の夜道で恐怖体験に遭遇していたようで……!?年末に向けて仕事や宴会が増えるこの時期、女性が帰宅時に気を付けたいポイントをご紹介!

アイコン
null
null

でね、夜10時よ。家に向かって歩いていたら、後ろから変な影がつけてくるの。私が振り返ると、サッと隠れて……。

null
null

こわーーーーい! 犯人の姿は見たの!?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

見た! でも、たぶんあれ、人間じゃないわ。なんか、まるまると太ってて……。

null
null
アイコン
null
null

ストップ、スト――――ップ!! お姉さんを追跡したのはぼくデスよ!

null
null

えっ、アルボ!? 何してたの? まさかストーカー!?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

これから日没が早くなるので、今後の安全のために“夜道の防犯”抜き打ちチェックをさせていただきマシタ。お姉さん、残念ながら0点デス……。ぼく、ショックデス。

null
アイコン
null
null

抜き打ちチェックー!? なによそれ! ショックなのは私よ!!

null

1日のうちでも、夜間はひったくりや強盗などの街頭犯罪が多い時間帯。なかでも女性は、強姦や強制わいせつ、チカンなどの被害に遭ってしまう恐れが……。

null
アイコン
null
null

全体的に発生件数が多いのが、20時から0時頃……か。ちょうど仕事を終えて、夜道を歩く時間帯だわ。

null

強姦と強制わいせつの年齢別の被害状況も見てみましょう。

null
アイコン
null
null

迷惑防止条例違反ってのは、平たく言えば「チカン」ってことよね。全体的に20代の被害例が多いわね・・・。

null
null

わーん、大人になるのコワイよぉ、アルボ~~!

null
null
アイコン
アイコン
null
null

お嬢さんも油断してはいけまセンよ。小さな子どもをターゲットにする犯罪者も少なくないのデス。

null

次の「夜道の防犯度チェック」で、自分が夜道を安全に歩けているかどうかをチェックしてみましょう。

null
夜道の防犯度チェック

null 夜道を歩くときは速いテンポで歩く。


null 音楽を聴いたり、携帯電話を触ったりしない。


null 暗い近道より、明るい遠回りを選ぶ。


null 帰り道のルートを日によって変える。


null 駐輪場は人目のあるところを選ぶ。


null 防犯ブザーを常に携帯している。


null 交番やコンビニなどなど、すぐに駆け込める場所を把握している。

null
null
わーい! 私、全部大丈夫だよ! 「

ALSOKあんしん教室」で習ったもん。

null
null
アイコン
アイコン
null
null

あ、あれホント!? 私、あんまり当てはまらないかも……。

null
アイコン
null
null

抜き打ちチェックの結果、お姉さんはスキだらけデシタ! 猛省! 猛省を促しマスッ。

null

それでは、各チェックのポイントを解説しましょう!

null
夜道の防犯チェックでわかる! 帰宅時に気を付けたいポイント

null 夜道を歩くときは速いテンポで歩く。

犯罪者に隙のない印象を与えるためにも、帰宅時はスピーディに歩くのが基本。

null 音楽を聴いたり、携帯電話を触ったりしない。

イヤホンをしていると音が聞こえず、携電話を触っていると後ろから怪しい人や車が近づいて来ても異変に気付きません。性犯罪のみならず、ひったくりなどの犯罪に遭いやすくなるため厳禁です。

null 暗い近道より、明るい遠回りを選ぶ。

帰宅コースは、明るく人通りが多い道を通るのが鉄則! 家の周囲が暗い小道しかない場合は防犯ブザーを持つ、自転車やタクシーで帰宅するなど、防犯対策を工夫しましょう。

null 帰り道のルートを日によって変える。

毎日同じ時間に同じ道を通ると、ライフスタイルを悟られる恐れがあります。なるべく家までのルートは複数持ち、日によって違う道を通るのが理想です。

null 駐輪場は人目のあるところを選ぶ。

駅から家までの道筋だけでなく、自転車通勤や通学をしている方は、駐輪所でも注意してください。照明が暗い、人通りが少ない場所は避け、できるだけ明るく人目のある場所を使うようにしてください。

null 防犯ブザーを常に携帯している。

いざという時に音で犯人を威嚇できるだけでなく、持っているだけでも抑止力になるため、見える場所につけましょう。電池が切れていないか定期的に確認すること。

null 交番やコンビニなどなど、すぐに駆け込める場所を把握している。

帰り道のルート付近にある交番やコンビニ、お店などを事前に確認しておきましょう。

null

また、注意すべきは“道”だけではありません。「電車に乗るとき」も注意が必要です。

null
電車に乗るときのポイント

●乗車場所に気をつけて!
階段や改札に近い車両は人の出入りが激しく、逃走しやすい為、痴漢が起きやすい傾向があります。

●通勤・通学時間や、乗車する車両を変えること
チカンは、同じ場所や時間帯で乗車する人を狙うことも。毎日同じ時間、同じ車両に乗るのは避けましょう。

●事件に遭遇したら声を出す!
周囲に助けを求めましょう。怖くて声が出ないときは防犯ブザーを鳴らすのも手。

null
アイコン
null
null

あとは、触っている手を捕まえ犯人を特定するのよね。泣き寝入りはダメ!

null

もう一つ、注意したいのが密室となるエリア「エレベーター」です。自宅マンションのエレベーターで不審者に襲われる不幸なケースもあります。

null
エレベーターに乗るときのポイント

●乗る前には、まずエレベーターの周囲を確認!
怪しい人と二人きりで乗り合わせないようにしましょう。

●「怖い」と思ったときは、ボタンを全押し!
怖いと感じたら、すぐに階数のボタンを全部押し、止まった階で降りること。

●乗る位置はボタン操作盤の前!
非常ベルがすぐに押せるボタン操作盤の前へ。相手に背中を見せないように、壁を背にして立つのがポイントです。

null
アイコン
null
null

家に帰った後も、気を付けてほしいポイントがいくつかありマス。4つのポイントにまとめてみマシタ!

null
null
帰宅後に心がけたい防犯ポイント4つ

●家に入る前は周囲を確認!
家の鍵を開け、扉をひらいた瞬間に後ろから押し入られるケースがあるため、鍵を開けるときは、周囲に誰もいないことを確認して!

●鍵をかける習慣をつける
ドアを開けたら、素早く入って鍵を閉めましょう。もちろん、玄関扉だけではなく、窓の施錠確認も忘れずに!

●家に入ってもすぐに電気をつけない
不審者が家の外から監視している場合、入室後すぐに電気をつけてしまうと、部屋の位置がばれてしまうことも。明かりは少し待ってからつけること。

●ドアを開けたら、声をかける
帰宅時は必ず「ただいまー!」と声をかけたり、ブザーを押してから入ったりして二人以上で暮らしているように装うと、犯罪抑止力につながります。

null
アイコン
null
null

万一、ストーカー被害にあっているかも・・・と不安に感じたら、すぐに警察に相談するコト! ALSOKでは、女性のストーカー対策サービス「HOME ALSOK レディースサポート」を展開中デス!

null

契約の即日&翌日からご利用可能で、期間も6カ月間と短いため、ストーカー対策をしたい方、1年以内の短期間だけホームセキュリティを導入したい方などに好評です。

アイコン
null
null

警察に相談した後、家に帰って心配なときはこうしたサービスを導入したりするのも手よね。

null

補助錠や防犯フィルム、センサーライトなどの防犯グッズも犯罪抑止に役立ちます。夜が長くなるこの時期こそ、家族や自らの「夜道」と「家」の防犯対策を見直してみてください!

これからの時期、クリスマスや忘年会など、ウキウキするイベントも目白押しだけど、夜道に油断は禁物ね。さっそく地図で交番やコンビニの位置をチェックしてみたら帰宅ルートの途中に、いい飲み屋さんを発見!おっといけない、また帰りが遅くなっちゃうわね。みなさんも、どうぞ夜道の安全対策を怠りなく♪

<参考リンク>
ためしてALSOK 暴漢&変質者から身を守れ!“ALSOK護身術”を習ってみた
ALSOKレディースサポート
ALSOKの防犯・防災グッズ通販ショップ

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!