グローバル・サーバID

ここでは、グローバル・サーバIDをご紹介します。

情報警備TOPへ

オンライン資料請求

製品概要

グローバル・サーバIDは、2000年6月米国商務省が高度暗号化製品の輸出規制をほぼ全面的に緩和する以前から、高度な暗号化を実現する製品として、大手金融機関、オンラインショップで採用され続けているサーバ証明書です。SSL通信可能なほぼ全てのブラウザ、携帯電話、PDAなどのクライアント端末でご利用いただけます。

保障

サーバIDの盗難、成りすまし、破損、紛失による損害など万一の時に備えて、最高2,500万円の保証を提供する利用者保護プログラムNetSure プロテクション・プランが付いています。

高度な暗号化

グローバル・サーバIDはSGC(Server Gated Cryptography)技術に対応しており、例えばWindows2000 SP1環境のInternet Explorer 6.0 (高度暗号化パッチ未適用)においても、一旦40bit又は56bitのSSL暗号化で接続された後、自動的に128bitのSSL暗号化機能にステップアップします。

日本ベリサインは、より多くのインターネットユーザに128bit以上の高度な暗号通信環境を提供可能なSGC対応のSSLサーバ証明書を発行しています。

その他

その他の商品の詳細、Webでの申請方法等のQ&Aにつきましては、ベリサインのグローバル・サーバIDのページをご覧ください。

「その他の電子証明書」の資料請求はこちらから

オンライン資料請求

情報警備TOPへ