警備職(ガードセンター) Guard Center

声を通じて
想いを受け止める。

運用管理第一部 東京ガードセンター 北條 美幸Miyuki Hojo 2018年入社 経営学部

【私のバックボーン】

目の前の一人ひとりを大切にし、感謝する心を学びました。

大学では沖縄の伝統芸能であるエイサーを踊る部活に所属していました。沖縄には悲しい歴史があります。しかし、武器を手に恨みを晴らすのではなく、楽器を手に取り、歌い踊ることで恩讐を乗り越えていこうという精神があります。私はそれを、エイサーを通じて学びました。そんな、どんなときでも目の前の人を大切にしようとするスピリットは、一人ひとりを守り切るというALSOKの想いに通じることだと知りました。また、すべてのことに感謝しようとする精神からは、たとえ辛いことがあっても自分の成長のチャンスだと受け止めることを学びました。

【私の取り組む仕事】

万一の時の窓口としてお客様に寄り添い、同時に指令塔としてガードマンに的確な指示を出す。

【私の思い】

電話の向こうのお客様に真摯に向き合い、誠心誠意尽くす。

電話越しの対応ですから、お客様の表情や仕草が見えるわけではありません。けれど私はお客様の言葉一つひとつを傾聴することで、そうした姿が目に浮かぶようになりました。そしてお客様の言葉をしっかりと受け止め、求められていることに誠心誠意尽くすことを心がけています。時にはお叱りの言葉をいただくこともありますが、それも成長への励ましと考え、真摯にとらえるようにしています。電話であっても気持ちの上では、“目の前にいる一人のために”という想いを貫いています。そんな気持ちが伝わったときの、お客様からの「ありがとう、電話してよかった」という一言は、何よりも嬉しい言葉です。

One-Day schedule

08:00出社。制服に着替える。
08:20朝礼。業務上の伝達事項などについて、全員で共有を図る。
08:30夜勤のメンバーと交代し、受付業務スタート。午前中で約50本の電話を受ける。
12:00昼休憩。仲間とおしゃべりを楽しみながら、持参した弁当で昼食をとる。
13:00電話受付。午後も平均して50本の電話を受ける。連休の前後は特に電話が集中する。
17:20夜勤のメンバーと交代。引継ぎを行う。
17:30着替えて退社。
ENTRY

TOP