ニュースリリース

群馬県内公道の路線バス自動運転実証実験で
遠隔管制業務を実施
2020年
1月
22日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)および、ALSOK群馬株式会社(本社:群馬県前橋市、社長:山 春男、以下「ALSOK群馬」)は、群馬県、群馬大学、関越交通株式会社が2019年12月10日(火)から25日(水)までの期間に実施した、群馬大学荒牧バス停と渋川駅バス停を結ぶ路線バスでの自動運転公道実証実験における遠隔管制業務を実施しました。


201912_実証実験

本実証実験においては、自動運転バスに設置されたカメラ映像を警備員が遠隔地に設置したモニターで常時監視し、バス路線周辺や車内を遠隔で見守りました。


ALSOKは、警備業で培った「24時間365日」稼働し続ける監視システム、ガードマンによる駆けつけサービス、遠隔通話によるサポートデスクのインフラを最大限活用し、今後本格化する自動運転公道実証実験はもとより、自動運転車両の社会実装に必要となる各種支援サービス(車内外の遠隔監視サービスや緊急時の遠隔対処等)の開発を推進してまいります。


ALSOK遠隔管制、現場かけつけソリューション(イメージ)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
戻る

TOPへ戻る