CSRマネジメント

 ALSOKにとってのCSRは、お客様をはじめ、社会から何を求められているのかを常に考え、「ありがとうの心」と「武士の精神」に基づく経営理念を実践していくことです。

ALSOKにおけるCSRの考え方

 ALSOKは、1965年7月の創業以来、「ありがとうの心」と「武士の精神」という2つの基本精神を掲げ、お客様と社会の「安全・安心」を守るという強い使命感のもと、警備業に邁進してきました。

 ALSOKにとってのCSRは、お客様や社会が抱えるさまざまな課題を事業を通じて解決することで、お客様と社会の「安全・安心」に貢献していくことです。そのため、「経営理念」を軸に、「経営指針」「行動規範」「社内規程・社内ルール」を制定し、ALSOKとして取り組むべき活動をCSR理念体系として明確にしています。「経営指針」は、ステークホルダーに対する取り組み指針を謳い、「行動規範」では、役員・社員の日常の事業活動の中での行動を示しています。さらに、課題ごとに「社内規程・社内ルール」を定め、CSR活動を各業務に落とし込んだ活動を推進しています。

 CSRの具体的な活動指針として、2014年よりCSRの4つの重要テーマを掲げ、持続的な企業価値向上と事業の発展に努めています。また、世界が抱える課題を解決するために国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」との照合を行い、よりグローバルな社会的課題解決に貢献する活動を推進していきます。

持続的な企業価値向上に向けたALSOKの取り組み

CSR取り組み体制

 ALSOKのCSR活動は、CSR推進室を中心とした取り組み体制によって推進しています。従業員への啓発として季刊誌「ALSOK CSR通信」や「CSR活動の手引き」などの配布を行うほか、管理職などの昇任研修では、CSRに関する研修やワークショップの実施を通じて、CSRマインドの醸成につながる取り組みを行っています。

 さらに、毎年1回、本社・支社および全グループ会社に向けたCSR活動に関するアンケートを実施して、ESGに関する定量的・定性的な情報を収集しています。2015年3月期からは、ALSOKの事業とCSR活動の関連性を、より統合的にお伝えするために、グループ全体の取り組みを財務・非財務の面からわかりやすくまとめた「ALSOKレポート」を発行し、Webサイトでは、CSR活動およびESGの取り組みに関する情報開示の充実を図っています。

綜警憲章

経営理念

我が社は、「ありがとうの心」と「武士の精神」をもって社業を推進し、お客様と社会の安全・安心の確保のために最善を尽くす。

経営指針

1. 経営の基本精神
何事にも、常に感謝の心を忘れない「ありがとうの心」と、強く、正しく、温かい、「武士の精神」をもって取り組むとともに、社徳のある会社を確立する。
2. 経営の優先順位
お客様に対して最高のサービス・商品を提供することを最優先とし、併せて社員にとって働きがいのある会社の実現に努めるとともに、収益の拡大を通じて株主の期待に応える。
3. 経営の基本戦略
常に変化する時代のニーズに適うべく、警備業を中核としつつ、新たな分野におけるサービス・商品を幅広く提供する。
4. 社会・公共への貢献
安全・安心に関する公の施策に協力し、社会の発展に貢献するサービスの展開と商品の開発を行う。

行動規範

  1. 我々は、常に「ありがとうの心」を基本におき、お客様へのサービスに誠心誠意、最善を尽くします。
  2. 我々は、強く、正しく、温かい、「武士の精神」を体現し、いかなる困難にも正々堂々と立ち向かい、一丸となって目標を達成します。
  3. 我々は、独立自尊の「野鳥精神」をもって、自ら考えて仕事に取り組み、自らの責任で必ず成果を出します。
  4. 我々は、「誠実、正確、強力、迅速」をモットーに行動します。
  5. 我々は、現状に甘んじることなく、仕事の質の向上と収益の拡大に向けて常に変革を求め、挑戦し続けます。
  6. 我々は、真のリーディングカンパニーにふさわしい人材となるべく、コンプライアンスの意識を高く持つとともに、日々、自己研さんに努めます。

ALSOKグループのCSRに関するお取引先へのお願い

はじめに

 現代社会は、持続可能性を脅かす厳しい状況に置かれ、様々な問題に直面しています。グローバル化により企業活動の場がボーダレスになる一方、差別や労働環境の問題が浮かび上がり、企業の社会的対応が問われるようになりました。また、利潤の追求を重視して発展してきた世界経済は地球温暖化をもたらし、生態系の破壊と資源の枯渇を招き、様々なエネルギー問題をも引き起こしています。
そのような背景から、世界は、国や企業の社会的・環境的責任を促進するため、すべての事業活動において、国の法律、規則、および規制を遵守することは基より、国際的に認知された基準を尊重することを求めるようになりました。私たちALSOKグループも、世界人権宣言を尊重し、「ILOの中核労働基準」及び「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠することで、ステークホルダーの利益を守り、パリ協定により採択された地球温暖化対策の一助となるべく環境活動に取り組み、責任ある企業としてリーダーシップを発揮していきます。
私たちは、これまでも強い使命感のもと「ありがとうの心」と「武士の精神」という2つの基本精神を掲げ、『あらゆる「安全・安心」のご要望にお応えするために、24時間365日対応可能なネットワークを活用して社会とお客様を守る』という事業モデルによりCSVを実践し、変化する時代の中で社会課題を解決し続けCSRを推進してきました。しかし、この取り組みは、弊社グループの努力だけで完結するものではなく、すべてのステークホルダーの皆様のご理解とご協力をいただくことで実現するものであると考えています。
こうした考えに基づき、この度弊社グループでは、「ALSOKグループのCSRに関するお取引先へのお願い」を作成しました。お取引様には、ALSOKの考え方を理解していただき、ともに持続可能な社会の実現に取り組んでくださることを切願いたします。

1 人権の尊重

 国際的に宣言されている人権の保護を支持したうえで、すべての人の尊厳と権利を尊重し、人種、性別、宗教など、事由の如何を問わず、不当な差別をしない。また、社内外において、人権啓発活動に取り組み、人権および人権問題を正しく理解するよう努め、直接的に人権を侵害せず、たとえ間接的であっても、人権侵害へは加担しない。

2 雇用・労働

 雇用と職業における差別の撤廃を支持し、一切の強制労働や児童労働(ILO(国際労働機関)の条約・勧告に定められた最低就業年齢に満たない者を雇用することや、若年労働者の保護を怠ること)を行わない。また、国、地域毎の労働関連法規に従い就業規則をはじめとした諸規則を定め、最低賃金の遵守、労働時間・休日および休暇の適切な管理による長時間労働の削減、そして従業員の自由と権利に配慮した密接な労使間のコミュニケーションを実施し、従業員が働きやすい労働環境の提供に努める。

3 環境・安全

 企業活動が環境へ与える影響を考慮し、CO2削減と環境汚染の防止、水資源および生物多様性への配慮、環境関連法令の遵守に努め、資源やエネルギーの使用削減に向けた自主目標の設定および維持管理、環境に優しい商品・サービスの開発と普及、環境保全活動の取り組み状況や成果の情報開示を行う。
また、職場の安全及び労働安全衛生の確保に努め、従業員に対する適切な健康管理を行い、労働災害や疾病の状況を把握し、必要な対策を講じる。

4 公正な事業慣行

 企業活動における説明責任の重要性を認識し、企業活動の透明性維持、適切な情報開示に努め、ステークホルダー(お取引先、株主、地域社会、従業員など)との密接なコミュニケーションを実施する。また、公正で誠実な企業活動を行い、強要や贈収賄などあらゆる形態の腐敗の防止に取り組み、反社会的勢力とは一切の関係を持たず、市場での公正な競争を通じて、社会、経済の健全な発展に貢献する。

5 適切な情報管理

 消費者や顧客に対して、商品・サービスに関する正確な情報を提供し、コンピューター・ネットワーク上の脅威(コンピューターウイルス、スパイウエアなど)に対する防御策を講じて、自社および他社に被害を与えないよう管理する。また、個人のプライバシー、顧客や第三者から受領した機密情報を適切に管理し、保護する。

6 顧客満足

 顧客との約束である契約を遵守し、提供する商品・サービスの安全性・品質の確保に全力を尽くすとともに、対話や研究開発の推進を通じて常に顧客の満足を追求する。また、品質保証、安全保証に関しては、品質マネジメントシステムの活用や安全性に関する関連法令を遵守する。

以 上 

綜合警備保障株式会社
担当部署:総務部CSR推進室