ALSOKの研究開発は、
単なるものづくりではない
安全安心のシステムを創造する

ALSOKのR&Dとは

新たなセキュリティの創造

ALSOKは、お客様に「安全」で「あんしん」な毎日をすごしていただくため、「警備会社」のノウハウに「最新技術」を取り入れ、あたらしい「安全」の形をご提供すべく、日々セキュリティに関する最先端技術の研究開発を続けています。
「犯罪の凶悪化・巧妙化」「個人情報の保護」など、社会を映すキーワードをもとに、警備業はもちろんのこと、「安全」に関するさまざまなニーズにお応えすべく、ALSOKはセキュリティのすべてを創造します。

ALSOKのR&Dとは

R&D研究成果・対外活動

ALSOKは、お客様に「安全」で「安心」な毎日を過ごしていただくため、「警備会社」のノウハウに「最新技術」を取り入れ、あたらしい「安全」の形をご提供すべく、日々セキュリティに関する最先端技術の研究開発を続けています。

Facebookでも研究成果等を紹介しております。

R&D研究成果・対外活動

研究・開発員の紹介

ALSOKの研究・開発部門は、主に「研究」、「企画」、「開発」、「運用・管理」の機能で構成し、中核事業である機械警備システムの研究・開発に留まらず、新たな領域の開拓に挑戦し続けております。

研究・開発員の紹介

キャリアパス・教育の紹介

プロフェッショナルを育成するキャリアパス

ALSOKの技術職は、大きく分けてR&Dとフィールドエンジニアがあります。
R&D社員は本社に所属し、新たな警備システムの創造、新サービスの企画・開発等を実施します。
フィールドエンジニアは全国の各事業所に所属し、警備システム等の設計、設置工事、保守、および営業支援を実施します。

キャリアパス・教育の紹介

採用情報

ALSOKは増収が続く今日、主力であるセキュリティ事業を強化するとともに、新規事業にも積極的に取組んでおります。
そこで、さらなる開発強化を図るために、開発業務におけるソフトウェア開発エンジニア、および、AI、画像・音声解析技術に関する研究エンジニアを募集しております。

詳しくはこちら