ニュースリリース

交通誘導業務の品質および生産性向上を実現した
「ALSOK交通誘導システム」の販売開始
2020年
6月
9日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、通行車両の移動方向を検知するセンサーと工事用信号機を組み合わせ、交通誘導業務の品質向上および生産性向上に寄与する「ALSOK交通誘導システム」を2020年6月より3県(埼玉県、群馬県、福島県)で販売開始しました。今後、順次販売エリアを拡大する予定です。



1 開発背景

警備業務の中でも交通誘導業務は屋外で行う場面が多く、また通行車両の近傍で業務を行うため、受傷事故の防止や熱中症の予防など、安全対策が必要です。また、大型イベント等の影響や少子高齢化による労働力不足の影響により、生産性向上が業界の課題となっています。

そこでALSOKでは、これらの課題を解決すべく、高精度に通行車両の有無や移動方向を検知するセンサーと工事用信号機を組み合わせた「ALSOK交通誘導システム」を開発、2018年3月より試行運用を実施しました。その結果、有効性が確認できたことから、このたび3県(埼玉県、群馬県、福島県)での販売開始に至りました。

本システムは、実際の交通誘導員が行う判断手法を搭載しており、システムが工事区間内を安全と判断しなければ進行指示(青信号)を表示しない仕組みとなっています。また誘導無視(信号無視)が発生した場合は、即座に反対車線へ停止指示(赤信号)を表示し、同時に警報を出力することで、後続車の進入を抑止する機能を搭載しています。

本システムにより、交通誘導の品質確保と交通誘導員の安全確保を図るとともに、交通誘導員の省力化が期待できます。


2 「ALSOK交通誘導システム」概要

(1)名称

ALSOK交通誘導システム


(2)特長

工事エリアの入口と出口等に本システムを設置し、交通誘導員の一部を削減した交通誘導が可能

信号機およびセンサーを使用して通行車両を自動で誘導

工事エリアの通過車両台数をカウントし、エリア内の残留車両を確認

工事エリア内に入った工事車両等がある場合、工事エリアから出ないと信号機が切り替わらなくなるため、リモコンによる遠隔操作にて対応が可能


(3)構成機器


構成機器

(4)構成イメージ


構成イメージ

(5)適用環境(参考)

片側一車線道路における片側交互通行工事

工事区間内に歩道、横断歩道、踏切、交差点、信号機を含まない環境

検知車両は、小型車〜大型車の四輪(牽引車を含む)、自動二輪、自転車

機器を設置するスペースの確保

工事区間に脇道がある場合はオプション機器を追加することで対応可能


3 販売エリア

埼玉県、群馬県、福島県の3県(今後、順次エリア拡大予定)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
戻る

TOPへ戻る