ニュースリリース

ALSOKがマイナンバーカードを活用したオフィスセキュリティの提供を開始
2021年
8月
19日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、官公庁・地方公共団体・国立大学法人等でマイナンバーカードを職員証として利用する動きをうけ、従来のALSOKセキュリティカードやお客様の社員証ICカードに加え、マイナンバーカードによる出入管理の認証や警備のセット・解除に対応したオフィスセキュリティを提供開始しました。


これにより、施設利用者は携行するICカードが減り、施設管理者としてもICカードの貸与・返納に関する管理やコストを削減できます。


今後、地方公共団体等以外にもマイナンバーカードを利活用する民間サービスが増えることで、マイナンバーカード自体の付加価値が高まることが期待できます。デジタル社会・デジタル政府を支える基盤となるマイナンバーカードの利活用シーンの拡大および普及に今後も貢献してまいります。



1 背景

2016年1月から交付が開始されたマイナンバーカードは、民間も含めて幅広く利用が可能な「電子証明書」と「ICチップの空き領域」の利用ができます。

特に「ICチップの空き領域」では、市町村・都道府県等は条例で定めるところ、また国の機関等は総務大臣の定めるところにより、その空き領域にカードアプリケーションを搭載して利用者番号を書き込むことで、1枚のカードで様々な機器・サービスの認証に利用することが可能となります。

最近では、官公庁・地方公共団体・国立大学法人等において、マイナンバーカードを職員証として利用する事例もでてきています。今後、出入管理システム、機械警備システムやパソコンのログイン認証など、これまでICカードを利用していたオフィスセキュリティなどのシーンにおいて、複数のICカードを持つことなく本人確認としてマイナンバーカードの利活用が拡大するものと予想されます。


2 対応商品・サービス

(1)対応商品

ALSOKの提供するサービスで使用可能な非接触ICカードリーダーが、マイナンバーカードに対応しました。

ア 機械警備サービス

「ALSOK-G7」などの機械警備サービスでご利用が可能です。既に導入されているシステムでの利用可否は近隣のALSOK事業所にお問い合わせください。

イ 出入管理システム

1ゲートから設置でき、導入コストを抑えられる中小規模向け「照合装置システムPR-C504」、中規模向けで全国の拠点を本部で一元管理できる「GTACS供廚砲董▲ードリーダーの変更でご利用が可能となります。


イメージ

(2)特長

ア 施設利用者は、出入管理・警備用途のICカードを別途携行する必要が無くなります。

イ 施設管理者は、出入管理・警備用途のICカード発行・貸与・返納にかかる管理の負担を軽減することができます。

ウ ICカード発行にかかる費用を削減できます。


(3)機能

ア お手持ちのマイナンバーカードを出入管理システムや機械警備システムの操作用カードとして利用できます。

イ ゲストカード、紛失時の緊急対応用にはALSOKセキュリティカードが併用可能です。

※既に職員証として利用されているICカードがそのまま利用できるかどうかは、近隣のALSOK事業所にお問い合わせください。

ウ マイナンバーカード自体には本人認証に利用するため、様々な領域が設けられています。今回、マイナンバー(個人番号)とは異なる利用可能な「ICチップの空き領域」に搭載されたカードアプリケーション(以下、カードAPという)(※)に書き込まれる利用者番号を使って認証を行います。マイナンバー(個人番号)は利用しません。

※カードアプリケーション(カードAP)は、ICチップの空き領域に搭載することで利用者に様々なサービスを提供することができます。


イメージ

3 価格

機械警備サービス、出入管理システムの機器費等、詳細につきましてはお問い合わせください。


4 販売エリア

全国


5 販売対象

自治体、大学など


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
戻る

TOPへ戻る