ニュースリリース

お店の資金効率を向上させる売上金管理マシーンをリニューアル
「中型入出金機オンラインシステム MH-Aモデル、MO-A2モデル」6月30日(木)提供開始
2022年
6月
30日

ALSOK(本社:東京都港区、代表取締役 社長:栢木 伊久二)は、店舗の売上金・現金管理をトータルに行う「中型入出金機オンラインシステム」をリニューアルし、2022年6月30日(木)より提供開始いたします。


「入出金機オンラインシステムMO-Aモデル」の発売から8年が経過し、お客様からご要望の多かった「小口出金」「小口振替」機能等を新たに追加し、「中型入出金機オンラインシステム MH-Aモデル、MO-A2モデル」(以下「MH-A、MO-A2」)としてリニューアルしました。


中型入出金機オンラインシステム MH-Aモデル、MO-A2モデル


1 商品名

「中型入出金機オンラインシステム MH-Aモデル、MO-A2モデル」


2 「MH-A、MO-A2」の特長

本機の新機能は、お客様からご要望が多かった「小口出金」「小口振替」です。「小口出金」機能とは、今まで店舗の金庫で管理していた小口現金を入出金機から出金できる機能です。また、投入した売上金の一部を小口出金用に振替える「小口振替」機能により、小口現金が不足した場合にも、別途現金を補充する必要がなくなりました。


3 主な機能(オプション)

(1)複数台連携機能を実装

現金取扱量が多い商業施設やスーパー、ホームセンター等で複数台の入出金機を設置した場合に、入出金機同士のデータ連携が可能となりました。業務開始前に釣銭を出金し、業務終了後に余った釣銭を返却する場合、従来機は出金した機械にしか返却できませんでしたが、この度のリニューアルにより、出金した機械が使用中であっても、他の機械で返却が可能となります。


複数台連携機能イメージ

(2)現金収納部の組み合わせ選択化

店舗でよく使用される金種に合わせて、現金収納部のカスタマイズが可能になりました。


現金収納部組み合わせ変更イメージ

(3)棒金保管庫の実装

これまで硬貨の保管は、「バラの硬貨は入出金機で」「棒金は店内の金庫で」と別々の管理が行われていました。この度のリニューアルにより棒金硬貨の出納も管理できるユニットを搭載することで、バラ硬貨・棒金を問わず入出金機内で一括管理することが可能となりました。これにより責任者様の金庫立会い業務等の軽減が期待できます。


(4)外部システムとの連携

お客様の管理システム(POS等)との連携により、業務効率化を実現します。


(5)操作画面の英語対応

外国人スタッフの増加に伴いタッチパネル画面の英語表記のご要望が多かったため、本リニューアルに併せて英語表記を追加しました。


4 機器仕様

機器仕様

5 月額料金

現金取扱量等により変動します。詳細は、お近くのALSOK営業員までお問合せください。


6 提供開始

2022年6月30日(木)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
戻る

TOPへ戻る