ニュースリリース

交通誘導業務の品質および生産性向上を実現した
「ALSOK交通誘導システム」の試行運用を開始
2018年
6月
26日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、通行車両の移動方向を検知するセンサーと工事用信号機を組み合わせ、交通誘導業務の品質向上および生産性向上に寄与する「ALSOK交通誘導システム」を開発しました。2018年3月より埼玉県内にて試行運用を実施し、順次試行エリアを拡大しております。



1 開発背景

マンパワーへの依存度が高い警備業務は、少子高齢化による労働力不足の影響を受けて有効求人倍率が増加の一途をたどっており、生産性向上が業界の課題となっています。また、警備業務の中でも交通誘導警備は、屋外で従事する場面が多く、また、通行車両の近傍で業務を行うため、受傷事故の防止や熱中症の予防など、安全対策が必要です。

そこでALSOKでは、これらの課題を解決すべく、高精度に通行車両の有無や移動方向を検知するセンサーと工事用信号機を組み合わせた「ALSOK交通誘導システム」を開発しました。


本システムは、実際の交通誘導員が行う判断手法を搭載しており、システムが工事区間内を安全と判断しなければ進行指示(青信号)を表示せず、また、誘導無視(信号無視)が発生した場合は、即座に警報を出力し、後続車の進入を抑止する機能を搭載しています。


本システムにより、交通誘導の品質確保と交通誘導員の安全確保が図れ、さらには、交通誘導員の省力化が期待できます。


2 「ALSOK交通誘導システム」概要

  •  (1)製品名
  •     ALSOK交通誘導システム

  •  (2)製品概要
  •     工事用信号機と車両検知センサーによる片側交互通行の誘導補助

  •  (3)システム構成
  •    ① 工事用信号機
  •     ▪ 縦方向二型(赤、青)
  •    ② 車両通過検知センサー
  •     ▪ 路側帯や工事区間内に設置し、通行車両の移動方向を検知
  •    ③ 停車検知センサー
  •     ▪ 路側帯に設置し、待ち時間短縮のため赤信号で停止している車両を検知
  •    ④ 制御装置
  •     ▪ 各種センサーおよび信号機の制御、および片側交互誘導の判断処理を搭載
  •    ⑤ 操作端末
  •     ▪ システムを監視する交通誘導員が所持。システムの動作開始および終了操作、異常発生時の警報表示が可能

  •  (4)対応可能な規制形態(参考)
  •     下記の条件を満たす片側交互通行規制
  •    ① 規制区間が200m以下かつ交通用の信号機が無いこと
  •    ② 見通しの良い直線道路であること
  •    ③ 踏切や交差点が無いこと
  •    ④ 交通量が少ないこと(目安:上下線合計60台/時間)

  •  (5)「ALSOK交通誘導システム」構成イメージ


システム構成イメージ



操作端末画面

操作端末画面


3 試行エリア

埼玉県(他エリアについても調整中)


4 今後の予定

各エリアでの試行運用を進めるとともに、より短時間かつ円滑に設置が可能な仕組みなどシステム改善を図り、即戦力となる交通誘導システムの実現を目指します。


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る