ニュースリリース

サイバーインシデント発生時の専門会社への取次ぎ
「ALSOKインシデント相談窓口サービス」の提供開始
2019年
8月
19日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、高度化するサイバー攻撃対応や内部でのPC調査依頼などの有事対応について、各種専門会社に対しALSOKの監視センターが取次支援する「ALSOKインシデント相談窓口サービス」を、地域金融機関を対象に2019年8月19日(月)より開始します。



1 背景

ALSOKでは2016年8月に「地域金融機関向けサイバーセキュリティソリューション」の提供を開始し、以降、全国の地域金融機関と共にサイバーセキュリティに関する諸課題に取り組んできました。

その中で、特にサイバー攻撃発生時など有事における、「情報不足」「組織内人材不足」「専門会社の選定ができない」といった懸念から、総合的なセキュリティの専門家である当社に有事の相談窓口を期待する声が多数ありました。

高度化するサイバー攻撃のインシデント対応や端末解析の対応には、専門性の高い会社(以下「専門会社」)が欠かせませんが、ALSOKは既存サービスで複数の専門会社と連携しており、新サービス企画でも専門会社各社が積極的に参加いただけることになりました。

新サービスは、ALSOKが誇る24時間運用の情報警備監視センターを窓口として、専門会社に取次ぐ仕組みを構築することで迅速な対処と回復に結び付けるほか、平時においても監視センターから役立つ情報を発信することで、お客様の態勢強化に貢献いたします。


2 サービス名

ALSOKインシデント相談窓口サービス


3 サービス概要

ALSOKの情報警備監視センターが中心となって、有事・平時の対応についてお客様と専門会社をつなぐサービスです。

(1)有事:当社が顧客要請を専門会社に取次ぎ、対応につなげます。

(2)平時:当社の提供するサイバーセキュリティサービスから得たレポートを提供するほか、専門会社との共同分析、警備会社としてのBCP情報など、利用者のリスク把握に役立つ情報を提供します。(※BCP情報は、今後提供を検討)


ALSOKインシデント相談窓口サービス イメージ

< ALSOKインシデント相談窓口サービス イメージ >


4 サービス提供先

地域金融機関(その他業界への展開は検討中)


5 販売、サービス提供エリア

全国


6 提供開始時期

2019年8月19日(月)


7 提供価格

(1)基本登録

無料(機密保持契約の締結のみ行います)


(2)有事対応

専門会社に取次ぎ後、以下を有償にて行います。

サイバーインシデント対応

フォレンジック対応(PCのログ解析等)


(3)平時対応

各専門会社と連携しつつ、必要なサービスを提供します。

メール訓練サービス(ID数により見積もり)

講演サービス(1回3万円)

セキュリティ診断

• ペネトレーションテスト

• プラットフォーム診断

• ポリシー診断

• Webアプリ診断

月次レポートサービス 年間3万円(講演サービス1回付)

• 監視センターで得た情報を月次でレポート化して提供

• BCP等、警備会社として発信する情報(予定)

• 専門会社との共同分析(予定)


8 締結目標

2019年度末時点で200件


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る