ニュースリリース

日本初!建築情報データベース“BIM”を建物管理業務に有効活用
建物管理業務の品質向上と保全コスト低減を図る
「BIMを活用したFMサービス」の提供開始
2015年
5月
7日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、オフィスビル等のオーナーに対し、建築情報データベースを建物管理業務(Facility management、以下「FM」という。)に活用する日本初の「BIM(※)を活用したFMサービス」の提供を、2015年5月7日(木)より開始いたします。

本サービスは、設計・施行で使われているBIMデータを建物管理データベースに連携させた「BIM−FMシステム」の利用と建物管理業務をセットでご提供するものです。これまでの実証実験で、「BIM−FMシステム」を活用した建物維持管理業務により、保全・修繕・更新にかかわる費用を10%から20%程度抑えられることが確認できました。

ALSOKはBIMを活用した新しいFMサービスの提供により、建物維持管理の品質向上はもとより、業務の効率化や、保全・修繕コストの削減等、さまざまな価値をご提案してまいります。


BIMとは
Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピューター上に作成した3次元の建物モデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築情報データベースを、設計や施工、管理などさまざまなプロセスで有効活用していこうとする、近年建設業界で注目されている考え方。


1 従来の施設管理との比較

従来の施設管理との比較

従来の施設管理では、図面や報告書等が紙ベースで個別に管理されており、修繕のつど設備台帳を調べたり、過去のデータとの照合作業に時間がかかったり、保管場所の確保など、さまざまな課題が生じていました。

本サービスでは、これらの課題を、設計・施行で使われているBIMを運用・維持管理においても活用することで解決を図ります。また、BIMにFMを連携させることで、保全計画の最適化、管理手法の共有化や一元管理を行います。


紙による個別管理から“Web共有”“一元管理”へ

効果の具体例と想定効果

効果の具体例と想定効果

(1)通常管理

通常管理

(2)複数拠点管理

複数拠点管理

(3)視覚的・操作的に分かりやすい管理画面

視覚的・操作的に分かりやすい管理画面

2 実証実験について

BIMデータを直接FMデータベースに適用した「BIM−FMシステム」の実用化に向けた開発は、日本を代表する組織設計事務所である安井建築設計事務所(本社:大阪府中央区)と、BIMとFMを連携させるシステムを開発研究する熊本大学大西研究室が、産学連携で取り組んでまいりました。ALSOKは、本システムに建物維持管理業務を付加し、1年間実証実験を行いました。


3 提供開始

2015年5月7日(木)


4 提供エリア

首都圏(1都6県)、名古屋、大阪エリア

(その他エリアについてはご相談ください)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る