安全安心のALSOK > ALSOKニュース > > ニュース詳細

ニュースリリース

出前授業「ALSOKあんしん教室」の参加児童数が累計150万人を突破
〜2019年1月より新授業「安全にインターネット」編を提供開始〜
2018年
12月
18日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)が社会貢献活動として行う小学校向け出前授業「ALSOK あんしん教室」の累計参加者数が、2018年11月末で150万人を突破しました。
 また、2019年1月よりインターネットの安全利用をテーマとした新授業「安全にインターネット」の提供を開始します。


「ALSOKあんしん教室」は、ALSOKグループが2004年から行っている出前授業です。守りのプロであるALSOKのガードマンを小学校へ派遣し、自分で自分の身を守ることや命の大切さについて考えるきっかけを提供しています。
 授業内容は、子どもたちを犯罪被害から守るための「防犯授業」と、心肺蘇生法の体験を通して命の尊さを学ぶ「救急救命授業」で、体験や討論、発表等を通じて深い学びを促す“アクティブ・ラーニング型”の授業となっており、各学年に対応した指導案を用意しています。来年1月からは、インターネットとの付き合い方を学ぶ新授業を開始します。
 2004年の活動開始以降、全国の学校関係者から好評をいただいており、1年あたり平均3,000回以上の授業を実施しています。2018年11月末には累計参加児童数が150万人を突破しました。

 


  【 ALSOKあんしん教室 授業内容 】


防犯
安心して登下校編(低・高学年向け)
防犯
安全な街って何だろう編(高学年向け)
防犯
安心してお留守番編(中学年向け)
防災
人の命を助けるって何だろう編(高学年向け)

  【 ALSOKあんしん教室の歩み 】


  •  ・2004年10月  「ALSOKあんしん教室」を神奈川県内で開始
  •  ・2005年4月  対象地域を全国に拡大
  •  ・2007年2月  企業フィランソロピー大賞 特別賞(地域の子ども安全賞)受賞
  •  ・2007年9月  朝日企業市民賞 受賞
  •  ・2007年11月  あしたのまち・くらしづくり活動賞 内閣官房長賞 受賞
  •  ・2012年4月  救急救命授業「人の命を助けるって何だろう」 提供開始
  •  ・2013年11月  「ALSOKあんしん教室」 累計参加者数100万人突破
  •  ・2014年7月  第8回 キッズデザイン賞 受賞
  •  ・2015年1月  文部科学省 青少年の体験活動推進企業表彰 審査委員会奨励賞
  •  ・2016年3月         〃       (2年連続受賞)
  •  ・2018年11月  「ALSOKあんしん教室」 累計参加者数150万人突破
  •  ・2019年1月  新授業 「安全にインターネット」 提供開始

  • ALSOKあんしん教室実施実績

 


  【 ALSOKあんしん教室 Webサイト】


 

https://www.alsok.co.jp/company/society/ansin/



  【 新授業「安全にインターネット」編について】


(1)新授業の概要

  •   ・授業名:「安全にインターネット」
  •   ・対象学年:小学校高学年(5・6年生)推奨
  •   ・対象人数:1クラス(最大40名程度)
  •   ・授業時間:45分
  •   ・費用:無料
  •   ・対象地域:全国
  •   ・対象科目:総合的な学習の時間、等

(2)授業内容
  インターネットの媒体特性について確認した後、イラスト教材を基に危険予測を行うグループワークに取り組み、
 意見をまとめて発表させます。
   授業後半は、ワークシートを用いて「情報を発信するとき」と「情報を受け取ったとき」の各シーンにおける
 注意点を整理していきます。ワークシートには穴埋め形式の課題が施されており、これを全て解くことで明らかに
 なる2つの合い言葉(「か・き・く・け・こ」と「あ・く・ま・が・で・た」)は、インターネット使用上の注意点
 が要約された“覚え言葉”として活用できるものとなっています。

   安全にインターネット

(3)提供開始時期

  •    本日より申込みを受け付け、2019年1月(3学期)より授業の提供を開始します。
  •    (申し込みは、学校最寄りのALSOK事業所にて受け付けております。)

(4)本授業の特徴

  •   ・グループワークや発表を主とした「アクティブ・ラーニング」型の授業で、深い学びが期待できます。
  •   ・主体的かつ意欲的に課題に取り組んでもらえるように、「ゲーミフィケーション」の要素を取り入れています。
  •   ・独自の覚え言葉「かきくけこ」と「あくまがでた」により、指導内容をより印象深く児童の記憶に定着させます。

(5)覚え言葉「か・き・く・け・こ」と「あ・く・ま・が・で・た」

  •   ・情報を発信するときの合言葉 〜書きこむまえに「か・き・く・け・こ」をチェック〜
  •   

  •    情報を受け取ったときの合言葉 〜「あ・く・ま・が・で・た」ときは、相手にしないでおうちの人に相談しよう〜
  •   


  【その他の取り組み】


上記以外の取り組みとして、ALSOKでは高齢者支援サービスや介護事業のノウハウを活かし、高齢者を標的とした犯罪の傾向と対策をクイズやかるたで学んだり、パートナーやご家族の方が倒れた場合に備えて心肺蘇生法やAEDの使い方などを学ぶ訪問講座「ALSOKほっとライフ講座」を全国で開催しています。  
 また、当社女性社員が講師となり、犯罪の標的になりやすい年代である女子大学生および女子専門学生を主対象に犯罪事例や護身術等について教える出張セミナー「ALSOK女性向け防犯セミナー」にも取り組んでいます。



以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る