防犯対策・セキュリティのALSOKトップ > 会社情報 > ALSOKにおける「デジタル化推進」について

ALSOKにおける「デジタル化推進」について

 

2021年11月24日


    ALSOKは、「GD2025(中期経営計画:2021-2025年度)」で示した4つの基本方針のうち、「デジタル化とデータ活用」を推進するため、経営企画担当役員をプロジェクト長としたプロジェクトを設置し、施策の立案、定量指標に基づく達成状況の進捗管理を行っています。

    本プロジェクトにより、施策を具体的かつ機動的に展開することで、警備ビジネスモデルの変革を実現し、強靭な「綜合安全安心サービス業」を目指していきます。


    【推進体制】

    <プロジェクト名>
    業務改革・デジタル化推進プロジェクト


    <構成員>
    プロジェクト長:経営企画担当役員
    副プロジェクト長:関係役員
    プロジェクト員:本社関係部長


    【推進状況】

    <テーマ別の施策状況>

    1.お客様とのコミュニケーション強化
    お客様との接点において、デジタル技術を活用し、お客様個々の課題やニーズにマッチした、多様かつ柔軟なサービスプラン・メニューを迅速に提供します。


    2.データ活用
    ALSOKの保有する社内データおよび社外のオープンデータを活用し、警備サービス等の最適化を図ることに加え、データ分析結果に基づいたデータ駆動型のビジネスを実現します。


    3.オペレーションの効率化・省人化
    これまで行っていた人的作業において、デジタル技術を活用し、自動化・高度化することで、業務の効率化およびサービス品質の向上を図ります。


    4.デジタル技術等による機能補完
    デジタル技術を活用し、リアルタイムで情報の共有・連携を行うことで、社員個々の能力を最大限に発揮できる環境を構築し、サービス品質の向上を図ります。


    <評価方法>
    定期的に開催するプロジェクト会議で、施策ごとのスケジュール、定量指標の進捗管理および評価を行っています。


    綜合警備保障株式会社
    代表取締役社長  青山 幸恭