ALSOKの価値創造の歩み

ALSOKは、創業以来、「安全・安心」な社会の実現を目指してきました。半世紀におよぶ歴史のなかで、警備の技術やサービスの品質、人財の教育を追求し、そしてそれらを強みとして育んできました。これからも先進的なチャレンジと独創性を発揮して、社会的課題の解決へ寄与していきます。

売上高

ALSOK History

1965~ 創業の時代

1965年7月
東京都千代田区内幸町二丁目20番に資本金25百万円をもって、警備請負業を主たる事業目的として綜合警備保障(株)を設立
1967年9月
法人向け機械警備「綜合ガードシステム®」を開発、発売
1975年1月
無人化店舗のCD(現金自動支払機)コーナーを自動制御する「アマンドシステム®」を開発、発売
1980年2月
在外公館への警備官派遣開始
1983年3月
東京都公安委員会による警備業認定証(第1号)を取得

1985~ 守成の時代

1988年4月
一般家庭向け機械警備「タクルス®」を開発、発売
1995年1月
阪神・淡路大震災への対応
1997年10月
売上金やつり銭の流れを円滑化し、現金処理に係る要員の省力化・設備コストの削減に効果を発揮する「入金機オンラインシステム」を開発、発売
1998年4月
一般家庭向けに、防犯・防災警備のほか救急情報、ホームバンキング、健康相談など生活便利機能を備えた「SOKホームセキュリティ」を開発、発売

1999~ 第二の創業の時代

2002年10月
東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2003年7月
新コーポレートブランド 「ALSOK」を制定
2004年11月
一般家庭向けに、センサー類の無線化や緊急性の高い侵入感知・非常通報・火災感知に機能を絞り込むことで低価格で警備を提供する「ALSOKホームセキュリティ7」を開発、発売
2005年6月
ロボットを用いた常駐警備システムを可能とする新型巡回警備ロボットを開発、発売
2005年11月
大型住宅向けに機能を充実させた「ALSOKホームセキュリティX7」を開発、発売
2008年12月
インターネット警備サービスの標準化など、お客様視点で発想した「安心・便利」な機能を強化した「ALSOKホームセキュリティα」を開発、発売

2010~ 第三の創業の時代

2011年3月
東日本大震災への対応
2011年4月
法人企業向けセキュリティシステム「ALSOK-GⅤ(ジーファイブ)」を販売開始
2012年2月
東京スカイツリータウン®における施設警備業務を開始
2012年10月
個人向けブランド「HOME ALSOK」立ち上げ
2015年5月
店舗で利用する釣銭を出金・両替し、売上金を銀行へ持ち込むことなく入金できる「入出金機オンラインシステム」を開発、発売
2015年6月
高齢者や女性、子どもなど屋外での家族を見まもる、モバイルみまもりセキュリティ「まもるっく」を販売開始
2015年10月
多様化する通信環境への対応など最新機能を搭載した「ホームセキュリティBasic」を開発、発売

主なM&Aの変遷

2011年2月 日本ファシリオ(株)
2014年4月 ALSOK双栄(株)
日本ビル・メンテナンス(株)
2014年10月 (株)HCM
2015年2月 ALSOKあんしんケアサポート(株)
2016年5月 (株)ウイズネット
2016年11月 PT. ALSOK BASS Indonesia Security Services
2016年12月 ALSOK Vietnam Security Services Joint Stock Company
2017年2月 ALSOK昇日セキュリティサービス(株)
2017年4月 ALSOK-TW東日本(株)
2017年7月 ALSOK関東デリバリー(株)