重要テーマ1
信頼される警備サービス

 ALSOKの事業の原点は、「お客様に対して最高の商品・サービスを提供すること」にあります。お客様や社会から要求される信頼に応えるべく、さまざまな品質向上への取り組みを進めています。

SDGsとのつながり
目標4:質の高い教育をみんなに/目標11:住み続けられるまちづくりを/目標16:平和と公正をすべての人に

品質向上についての考え方

 ALSOKが展開するセキュリティ事業や綜合管理・防災事業、そして介護事業など、お客様の生命や財産を守る事業の性質上、信頼関係を基盤とし、お客様の意向に適う高品質なサービスを提供することが重要な経営課題と考えております。このため、集約されるお客様の声を業務改善につなげる取り組みや、社員間で切磋琢磨する社風づくり、各種マネジメントシステムの推進やリスクへの備えなど、継続的な品質向上の取り組みを推進しています。

お客様満足と従業員満足の向上

 お客様から頂戴するご意見・ご要望、苦情や感謝などの「お客様の声」は全社員に共有し、日々業務の改善を図っています。また、社員の活躍に対する賞賛や支援に対する感謝をカードに記して手渡す社員賞賛制度「GSTカード」、ES懇談会や社内表彰制度の充実などにより、お客様満足と従業員満足の向上を両立する社風づくりに取り組んでいます。

「優秀隊員表彰」受賞者集合写真
「優秀隊員表彰」受賞者集合写真
集約件数とその内訳(2020年3月期)
集約件数とその内訳(2020年3月期)
「お客様の声」
2,774
「GSTカード」配布枚数
累計
84,247
GSTカード(GOOD SERVICE THANKS CARD)
GSTカード(GOOD SERVICE THANKS CARD)
  • 「お客様の声」は毎日集約し、役員および社長へ報告
  • 社員賞賛制度「GSTカード」の導入
  • 役員等と社員の間で率直な意見交換を行う「ES懇談会」
  • 優良事業所表彰、優秀隊員表彰の導入

マネジメントシステムの運用

 ALSOKは2002年に品質マネジメントシステム(QMS)の国際規格「ISO9001」の認証を取得し、2020年3月末現在、ALSOKグループ全体で53社が同認証を取得しています。また、情報資産を保護するための情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証の取得など、PDCAサイクルによる継続的改善を図っています。

マネジメントシステム認証状況

  • QMS認証
  • ISMS認証
  • BCMS認証
  • EMS認証
  • PMS認証

2020年3月末(単体)

あらゆるリスクへの備え

 ALSOKでは、事業継続計画(BCP)をベースに、2014年3月に事業継続マネジメントシステム(BCMS)ISO22301の認証を取得し、あらゆるリスクへ備えています。実際に災害が発生し被害が拡大する可能性がある場合は、災害対策連絡室を速やかに設置し、情報収集や人員等の資源を確保する体制を整えています。

災害対策連絡室設置回数
13(2020年3月期)
年2回行われる総合防災訓練の様子
年2回行われる総合防災訓練の様子
  • BCPで想定するリスク:広域災害(地震、風水雪害、異常気象など)、局所被害(火災・爆発事故、生物・爆弾・サイバーテロなど)、システム障害(データ破壊、個人情報漏えい、システム停止など)
  • 災害発生を想定した総合防災訓練の実施
  • セキュリティインシデント発生への備え

独自基準の制定と社内競技大会等の開催

 ALSOKでは、2006年に社内基準「ALSOK基準」を制定し、各事業所において、業務に必要な技能認定や公的資格数等に対する基準値の達成に努めています。
 また、2010年から実務に即した内容を競技化した「綜合警備連盟品質向上競技大会」を毎年開催し、大会後は各競技の優勝者の実技動画を社内掲示板で公開するなど、全グループを挙げて社員の業務執行能力と警備品質の底上げを図っています。

  • ALSOK基準

    業務ごとに必要な技能認定や公的資格などの保有数を、A基準とB基準の達成レベル別に分け数値化。各事業所における基準の達成と維持に努めています。

  • 品質向上競技大会

    2019年の第10回大会では、全国予選を勝ち抜いた総勢249名が、「手荷物検査」や「模擬折衝」など19競技で、日々の業務で磨き上げた技能を競い合いました。

  • 介護品質向上発表会

    2019年の第4回発表会では、グループ介護会社4社の12チームが、お客様へ最適なサービスを提供するための取り組みやその成果について発表を行いました。

手荷物検査競技
手荷物検査競技
営業「模擬折衝」競技
営業「模擬折衝」競技
「介護品質向上発表会」受賞者集合写真
「介護品質向上発表会」受賞者集合写真

安全運転への取り組み

 ALSOKでは、労災事故防止等の年間目標の設定、労働安全に関する教育の実施など、安全確保への対策を進めています。運転機会の多い警備部門については、セーフティドライバー認定制度や車両無事故表彰制度の導入、車載カメラやドライブレコーダーの設置による危険運転の検知など、安全運転の取り組みを推進しています。

車両無事故表彰者数
982(2020年3月期)
警送車両の車載カメラ
警送車両の車載カメラ
  • 警備輸送の安全に関する「運輸安全マネジメント」
  • セーフティドライバー認定制度