合気道部

合気道部

合気道は、新羅三郎源義光を開祖とし、甲斐武田家から会津藩御留流として伝わった大東流合気柔術を発祥とし、その中興の祖である武田惣角より植芝盛平に伝わり、植芝盛平が洗練し、創始した近代武道です。 合気道の特長は、後の先を取ることを旨とし、攻撃してくる相手の力や人体の構造をうまく利用して、制圧・投げ技・関節技等に繋げることにあります。正に警備員向きの武道であるといえます。 ALSOK合気道部では、植芝盛平の高弟で昭和の達人と謳われた塩田剛三により作られた、実戦性が高いことで名高い養神館の合気道を、元養神館二代目館長、現日心館館長の井上強一十段より学び、現在は二代目館長の井上愛子師範に指導して頂いております。

部員紹介

監督兼主将

新保 克徳(シンボ カツノリ)

新保 克徳(シンボ カツノリ)

Katsunori Shimbo

コメント 合気道は素晴らしい「和」の武道です。

副主将

竹田 宣由(タケダ ノブヨシ)

竹田 宣由(タケダ ノブヨシ)

Nobuyoshi Takeda

[an error occurred while processing this directive]