ALSOKのスポーツ活動
ゴールボール

ALSOKのスポーツ活動/ゴールボール

ゴールボールは、目に傷害を負った軍人のリハビリテーションプログラムの一環として始まり、1946年にスポーツ競技として紹介され、1976年トロント・パラリンピック競技大会で正式競技となりました。
アイシェード(目隠し)を着用した 1チーム 3選手からなる 2チームがコートで向かい合い、それぞれの自陣から鈴入りボールを転がすように投げ合って相手ゴールに入れ、一定時間内での合計得点を競う競技です。
わずかな振動や鈴の音を頼りにする競技のため、プレー中は監督の声による指示や、観客の声援も禁止されています。


部員紹介

強化選手

  • 若杉 遥 (ワカスギ ハルカ)

    出身大学:
    立教大学
    主な成績:
    ロンドン2012パラリンピック 金メダル(2012年)
    リオ2016パラリンピック 第5位(2016年)
    東京2020パラリンピック 銅メダル(2021年)
    アジアパラ競技大会 優勝(2018年)
    IBSAアジアパシフィック選手権大会 優勝(2019年)
    日本選手権大会 優勝(2018年・2019年)準優勝(2016年)
    ジャパンパラ競技大会 第2位(2019年)
 

TOPへ戻る