暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

最低限知っておきたい一軒家の火災対策

2022年3月4日時点の情報です。

ご家庭向け

命や思い出などを一瞬で奪ってしまう恐ろしい火災。一年で最も乾燥している冬は、火災が発生する確率も必然的に高まります。消防庁によれば、2020年の総火災件数は34,691件。出荷原因別にみると「たばこ」3,104件、「たき火」2,824件、「こんろ」2,792件、「放火」2,497件、「火入れ」1,684件の順になっています。第4位の「放火」ですが、「放火の疑い」も合わせると4,052件となり、一番多い結果となります。

null

まぁ!放火が一番多いだなんてとんでもないわね。気をつける方法はあるのかしら?

null
null
null

まずは不審者を家に近づけないこと、燃えやすいものを家の周りに置かないことが肝心。放火は深夜に発生することが多いため、特に就寝前に以下のような点に気をつけて、放火を防ぎましょう。


●不審者が敷地内に侵入しないようにする

・門扉、車庫、物置などの屋外施設の施錠をする。
・屋外の玄関灯、門灯を点灯する。
null

●建物の周りや共用スペースに燃えやすいものを置かない。

・ごみは決められた回収日、時間帯に出す。
・自転車、バイクのカゴに燃えやすいものを放置しない。
・車両のボディカバーを使用する場合は、防炎製品を選ぶ。
・郵便受けに郵便物や新聞を溜めておかない。
null
アイコン
null
null

家の敷地内にセンサー付きのライトを設置するのも有効らしいな。あれを嫌がるのはドロボウだけじゃないってわけだ。

null
null

放火も怖いけど、キッチンで鍋から目を離しがちな私としては、「こんろ」からの出火も人ごととは思えないわ。

null
null
null

最近では火を使わないIHクッキングヒーターも増えてきましたが、ガスこんろを使用する際には、火の出しすぎ(あふれ火)による「着衣着火」に気をつけましょう。ガスこんろを操作した際に袖口に着火すると、衣服の表面を移動するように火が燃え広がり、大やけどや死亡事故につながります。セーターやフリースなどの起毛素材の衣服を着ているときは、特に注意が必要です。

また、住宅火災犠牲者の約7割が、夜の就寝時に火災の発見が遅れ、逃げ遅れたために亡くなっています。そこで、平成23年からは住宅用火災警報器をすべての住宅に設置することが法律により義務付けられました。

null

警報器の効果は上の図のとおり。死者数も延焼面積も約半分までダウンしています。
ちなみに、住宅用火災警報器には、「煙」を感知するタイプと「熱」を感知するタイプがあります。一般的に、煙タイプは寝室や階段などに、熱タイプは台所などに設置します。設置基準は各市町村条例により異なるので、最寄の消防署や各市町村のホームページなどで確認してくださいね。

ALSOKのホームセキュリティは、火災による温度の変化や煙の発生を感知、放火魔などの不審者の侵入感知、急病時などの非常通報など、さまざまなリスクから24時間365日いつでも守ってくれる安心安全のサービスです。異常を感知したときにはガードマンが迅速に駆けつけて状況の確認や対処を行います。火災予防だけではなく、放火などの防犯対策としても有効なサービスですので、ぜひ一度導入をご検討ください。

ALSOKのホームセキュリティについて詳しくはこちら

アイコン
null
null

火災警報器があれば、万が一母さんの料理が黒コゲになっても家まで焦がされる心配はないってことだな。はっはっは!

null
null

黒コゲで悪かったわね……お父さん、今夜は夕食抜きでいいわよね?

null
null
null

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
侵入被害だけじゃない「空き家」の問題とは?

更新日:2017.3.1

3月のある日。あんしん家族が何やら大騒ぎ! お父さんの転勤が決まって、マイホームをしばらく留守にしなければならないようです。住まいの手入れなどを気にするお母さんですが、問題はそれだけではありません。悪質な犯罪に利用されかねない「空き家」の問題と対策を特集します。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!