ホームセキュリティのHOME ALSOK  >  ライフサポートコラム  アラフォー世代は特に注意!本当はコワイ「歯周病」

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム

アラフォー世代は特に注意!本当はコワイ「歯周病」

ご家庭向け
6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」! みなさん、日々の歯磨きは万全ですか? 歯のブラッシングが不十分だと、「歯周病」にかかりやすくなります。歯周病の菌は、粘膜や血管などから侵入し、血流に乗って全身で悪さをすることがあるそうなんです。しかも、放っておくと心臓病や脳卒中になり、命に関わることも……。アルボと一緒に、歯周病対策を学びましょう!
アイコン
お父さんと歯磨き♪ 歯磨き♪ 楽しいな♪ 
おれはいつも流血するから、歯磨きは楽しくないよ。ほら。
アイコン
アイコン
うわっ、ホラー!! アルボ、アルボ、これ大丈夫?
アイコン
うーん、ちょっと歯茎を見せてくだサイ。はい、あーん。
アイコン
お父さん、「歯周病」になっちゃってます。
アイコン
えっ、病気? お父さん、死んじゃうの?
アイコン
は、はい……場合によっては。
ええーーー!! おいおいおい、脅しすぎだろ。
歯周病ってよく耳にはするけど、そもそもどういう病気なんだ?
アイコン

日本人の約8割が感染しているともいわれ、生活習慣病の一つとも位置付けられている「歯周病」。一般的には、40歳前後に発症する場合が多いとされています。

そもそも「歯周病」とは、歯と歯肉の間にある「歯周ポケット」で、歯周病菌が増えて起きる病気。菌が出す毒素によって腫れや出血などの炎症がおき、歯を支える歯肉や骨が溶けていきます。その結果、歯が抜けてしまうのです。

お、おれの歯周ポケットに歯周病菌がいるんだな。
でも、なんでこんなことになっちゃったんだろう?
アイコン
アイコン
きちんと歯磨きができていなかったのが原因デス。特に、歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットは磨きにくいことから、歯周病菌の巣窟になりがちなのです。

歯周ポケットをきちんと磨けていないと、細菌がベトベトした物質を作り出します。
これが、「歯垢(プラーク)」です。

この歯垢は、時間とともに硬くなって「歯石」になります。
そして、歯石の中や周りにさらなる細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。

歯周病は、痛みの自覚症状がないまま進行します。
気がついた時には、歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨が溶けてしまっているのです。

アイコン
土台を失った歯はグラグラ。最後は抜くしかなくなるのデス。
こ、怖すぎるな!!!! 早期発見、早期治療が必須だな!
アイコン

あなたは大丈夫? 歯周病チェック!

 朝起きたとき、口の中がネバネバする。


 歯磨きをすると、出血することがある。


 歯の間に食べ物がはさまりやすい。


 口のニオイが気になる。


 歯肉がムズムズする、あるいは痛い。


 歯肉に赤く腫れた部分がある


 歯が長くなったような気がする。


 グラグラする歯がある。

アイコン
1つでも当てはまったら、歯周病の疑いありデス。歯医者さんへ行きマショウ!
うげげ、口臭もあるのか……。周りの人にも迷惑だな、こりゃ。
アイコン
アイコン
しかも、歯周病の怖い話は口の中だけにおさまりマセン!
歯周病菌は血流に乗って、全身で悪さをするらしいのデス。

近年の研究で、命に関わる心臓病、脳卒中、糖尿病、肺炎といった全身の病気にも歯周病菌が関係していることがわかってきました。原因となった血栓や動脈瘤などの中から、歯周病菌が検出されているのです。

中でも、関連が深いとされるのが「糖尿病」です。糖尿病の人は体の中の防御反応が低下して感染症にかかりやすいため歯周病になりやすいとされています。逆に歯周病の人は、インスリンの働きが妨げられて症状が改善しにくいという負の相関関係があります。結果として、歯周病がもとで死に至るケースもあるのです。

ホントに死に至る場合があるのかよ!
すでに歯周病になっちゃってる俺はどうすればいいんだ?
アイコン
アイコン
まずは歯医者さんに行って、歯周病を治療すること!
これまで“不治の病”といわれてきましたが、現在は医療の進歩で予防も治療も可能デス。

主な治療は、口腔内の歯石を完全に取り除き、細菌を徹底的に除去することからはじまります。そして、傷んだ歯肉や骨を治療していきます。

予防策は、歯周病の原因となる「歯垢」をためないことが基本。半年に1回くらいの頻度で歯科に通い、自分では取りきれない歯石を取り除いてもらうのが有効です。

毎日のケアはどうすればいいんだ?
アイコン
アイコン
正しい歯磨き方法で、毎日丁寧にブラッシングすることです!

正しい歯磨きのコツ

・歯ブラシは、えんぴつを持つように握ること。
・歯と歯肉の境目に45度の角度で当てる。
・歯を一本一本磨くつもりで振動させる。
・磨き残しを防ぐため、順番を決めて磨いていこう。
・前歯の裏は、歯ブラシを縦に使って、汚れをかきだす。
・前歯の表は、まず横磨き。それから縦磨きで念入りに。
・奥歯は、縦に入れたり横から入れたりして時間をかける。
・歯間は、デンタルフロスや歯間ブラシといった補助グッズを使用する。

歯周病の予防には、日々の歯磨きが欠かせません! そこで、きっちり効果的に磨く方法を教えてくれるのが、歯医者さんの“歯磨き指導”。ただし、習っても記憶が薄れていくので、1年に3回くらい通うと良いといわれています。

歯磨き指導か。歯周病改善のためにも、よし、今から行ってくるか!
アイコン
歯医者さんで診てもらったら、やっぱり歯周病だったよ。いままでの俺の歯磨きタイムといえば、5分以下。歯磨き指導を参考に20分ほど時間をかけるようになったらブヨブヨの歯茎が引き締まって、血も出なくなってきたよ。しかも、最近はいろんなタイプの歯ブラシが出てるんだな!自分の歯茎にあうアイテムを歯科医に聞いてみよう。

コラム一覧

コラム一覧
がんばるお父さんの背中がピンチ!?体調不良を引き起こす“IT猫背”にご用心!

更新日:2016.5.2

長時間パソコンを使っていたり、スマホをよく見ていたり……。そんな人の間で増えているといわれるのが「IT猫背」です。姿勢が悪いと見た目の印象がよくないばかりか、肩こりや首こり、頭痛、便秘、ヘルニアなど、さまざまな体調不良につながる恐れもあります。丸い猫背をピンっとのばす、きれいな姿勢の作り方をアルボがご紹介します。さあ、ご自宅やオフィスで取り入れてみましょう♪

ためしてALSOK
ALSOKオススメの“進化型”防災グッズ大集合!

更新日:2016.8.24

地震をはじめとした自然災害に備えて、ご家庭やオフィスで必ず備えておきたい防災用品。近年は、必要なものを詰め合わせたキット型のものから、従来品より軽量化したもの、サイズがコンパクトになったもの、1品で複数の機能を兼ね備えるものなど、さまざまなアイテムが登場しています。今回は、ALSOKが扱う防災用品の中から、進化した優秀グッズをアルボが厳選! 実際に使ってみました。