防犯対策ならALSOK HOME ALSOK トップ ライフサポートコラム 通勤電車でスリやケンカ!?心がけたい電車トラブル防止策

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

電車の中でスリやケンカ!?心がけたい電車トラブル防止策

番外編
朝起きて最寄り駅に向かい、電車に乗って会社へ――。もはや、通勤電車が生活の一部となっている方も多いのではないでしょうか。世界一利用者の多い駅としてギネス認定されている新宿駅では、1日平均でなんと約73万人(2011年度 JR東日本調べ)に上るそう。しかし、利用者が多いとトラブルもつきもので……。
アイコン
はぁ、今日は最悪だったよ。通勤カバンから財布をスられたんだ……。
ちょっと、ウソでしょ!? カバンの中から盗られるなんてことがあるの!?
あなた、ちゃんとファスナー締めてなかったんじゃない?
アイコン

駅・電車内で最も多い犯罪が「窃盗」です。警察庁の統計によると、窃盗事件の件数自体は年々減少しているものの、2008年には1万5064件。駅・電車で起こる事件のうち、「窃盗」はその60%以上を占めています。

特に気をつけたいのは、混雑した車内で他人の貴重品をこっそり奪う“スリ”。中のモノが見えるタイプの手提げカバンは標的になりやすいため、注意が必要です。また、リュックサックも、背後の気配に気づきにくいのが難点。込み合った車内では、ふたが付いたタイプのカバンを利用したり、リュックは背負わずに目の届くところに持ったりして対策しましょう。

アイコン
まったく気がつかなかったんだ……。カバンの口にネズミ取りの罠でも仕掛けといてやればよかったよ。
何バカなこと言ってるの! そんなのでバチンとやったら、犯人が逆上して殴りかかってくるかもしれないわよ。
アイコン

駅や電車内での暴力沙汰も深刻です。2012年5月には東京の地下鉄・渋谷駅で、肩がぶつかったなどの理由から口論に発展し、逆上した犯人が男性の首や腹をサバイバルナイフで刺して殺害する事件が発生しました。ほかにも、以下のような事件が起きています。

粗暴犯Aは、走行中の電車内で「混んでいるんだからゲームをしないで」と注意してきた会社員の女性の顔を殴り、下あごの骨を折る重傷を負わせた。

粗暴犯Kは、電車内で近くにいた会社員女性と足が触れ、「けらないでください」と注意された。これに腹を立てたKは、ボールペンで女性の右太ももを2度刺し、1週間のけがを負わせた。

アイコン
ちょっと注意したくらいでムチャクチャだなぁ。怖すぎるよ!
男性はいったんケンカになると変なプライドが邪魔して、後に引けなくなりがちでしょ。ややこしい相手には、最初から関わらないのが一番ね。
アイコン

暴行事件は、加害者側が飲酒状態などで正常な判断ができていない場合が多々あります。駅構内や電車内でそのような人物を見かけたら、近寄らず、目を合わせないようにしましょう。

また、マナーの悪い人物へ話しかける場合は、言葉遣いや言い回しに気をつけること。暴行事件に発展しそうな場合は1人で対処しようとせずに、駅員などの助けを借りるようにしましょう。いざというときは、周囲の人に助けを求め、駅員を呼んでもらうのがベター。痴漢被害なども同様です。

アナタもほんと、気をつけてよね。アナタがいなくなったら私、どうやって生きていけばいいか……。
アイコン
アイコン
母さん、今でもそんなにオレのことを……!
そうよ! せめて子どもたちが成人するまでは元気でバリバリ働いてもらわないとねっ。
フレッ、フレッ、お父さん!
アイコン
アイコン
(な、なんか違うぞ……)

コラム一覧

コラム一覧
スマホでインターネットのサイトをのぞいたら高額請求が・・・いったいどうすれば!?

更新日:2014.11.17

かつてはパソコンが主流でしたが、最近はスマートフォンでの被害相談も急増しています。
なかには詐欺目的のアプリも。この悪質な詐欺被害に、なんとお父さんがひっかかってしまったようで……。

ためしてALSOK
お部屋を見守る防犯カメラ「アルボeye」を使ってみた

更新日:2016.10.26

今回は最新の家庭用防犯カメラの使い心地をチェック! 「HOME ALSOKアルボeye」のカメラ、その性能とは!?