HOME ALSOK トップ  >  ライフサポートコラム  夜道でひったくりに遭わないためには……

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム

夜道でひったくりに遭わないためには……

女性向け
日の出時間が遅く、日の入り時間が早い季節は、だんだんと夜道を歩くことにも慣れてしまいがち。でもちょっと油断すると、「ひったくり」に狙われることも……。

実は、ひったくり犯があなたを狙うのは、圧倒的に「夜」が多く、さらに女性を狙った犯行が目立つので注意が必要です。

アイコン
昨晩、帰宅する途中にスマートフォンで音楽を聴きながらメールを打ってたのよ。そしたら、後から自転車に乗った二人組が、追い抜きざまに私のバッグを……!
なんと!? でも、バッグは無事だったみたいだし、ケガもなくて本当によかったデスネ。警視庁のデータでは、ひったくり犯が狙うのは90%以上が女性なのデス。
アイコン
アイコン
なるほどね。ほとんどの女性がバッグを持っているし、女性のバッグはブランドものも多いから、財布とかめぼしいものを盗ったあとは転売するんでしょ。ホント、腹立たしいわぁ〜。

ひったくり被害時の状況で一番多いのは、「バッグを手や肩に所持していたケース」。次に多いのが「自転車のカゴ内に荷物を置いていたケース」です。自転車のカゴ内の荷物も、ひったくり犯の恰好のターゲットなのです。

アイコン
結局私のバッグはその二人組に取られかけたんだけど、こっちの腕の力が勝っちゃったのよね。無事にバッグは取り返してやったわっ。
そ、それは、良かったといっていいのかビミョーデス……。向こうがバイクだったら、引きずられてしまい、とってもキケン!警察庁のデータによると、ひったくり犯の約8割がオートバイで、約1割が自転車なのデス。
アイコン

では、もしひったくりに遭ってしまったら、どうしたらよいのでしょうか?


●追わずに覚えよう!!

バッグを取られたことに気づき、とっさにバッグを掴んで離さないでいると、バイクに引きずられ大怪我をしてしまうかもしれません。無理に犯人を追うよりも、服装やナンバープレート等、犯人の特徴を覚えましょう。


●すぐに110番通報をしよう!!

ひったくり犯は、同じ地域で繰り返し犯行におよぶケースが少なくありません。 なるべく早く警察へ連絡し、犯人の特徴を伝えましょう。素早い連絡が、犯人逮捕の可能性を大きくします。

アイコン
また、未然防止を心がけることも重要デス。ポイントは以下の通りデスヨ!

●バッグは車道と反対側に持つこと

ひったくり被害の大多数は、車道側にバッグを持っていた時に発生しています。また、ただ肩に掛けただけのバッグは狙われやすいので、体の前に両手で持つ、タスキ掛けにするなど、持ち方に気をつけましょう。奪いにくいリュックサックにするのもオススメです。

●ひったくり防止ネットまたはカバーを使用すること

自転車のカゴに、ひったくり防止用のネットやカバーを装着すると、荷物やバッグが奪われにくくなります。カゴの中を外から見えないようにしたり、雑誌などをカバンやハンドバッグの上に置いたりするだけでも効果があります。

●なるべく、明るくて人通りの多い道を通ること

少々遠回りでも、明るく人通りの多い道を通りましょう。やむを得ず、暗く人通りの少ない道を通るときは、周囲に気を配りましょう。とくに無灯火の自転車やオートバイ、通り過ぎてからUターンをするバイクには要注意です。
アイコン
歩きながら携帯電話やスマートフォンをいじっていると、周囲の状況はなかなか目に入らないわよね。現金の入った財布はもちろんだけど、バッグには自宅の鍵とか免許証が入ってるじゃない?
その通り! 空き巣に入られたり免許証を悪用されたりと、二次被害の危険性がありマス。とにかく、ひったくりに遭わないための未然防止が大事! 犯人は大音量にひるむため、防犯ブザーを持っておくのもよいデスヨ。
アイコン

コラム一覧

コラム一覧
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07 NEW

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
ALSOKオススメの“進化型”防災グッズ大集合!

更新日:2016.8.24

地震をはじめとした自然災害に備えて、ご家庭やオフィスで必ず備えておきたい防災用品。近年は、必要なものを詰め合わせたキット型のものから、従来品より軽量化したもの、サイズがコンパクトになったもの、1品で複数の機能を兼ね備えるものなど、さまざまなアイテムが登場しています。今回は、ALSOKが扱う防災用品の中から、進化した優秀グッズをアルボが厳選! 実際に使ってみました。