ルーターとは?モデムとの違いや選び方のポイント【初心者必見】

ルーターとは?モデムとの違いや選び方のポイント【初心者必見】

ルーターとは?モデムとの違いや選び方のポイント【初心者必見】

昨今は自宅にいる時間が長くなり、家庭内でインターネットを利用する機会が増えた方が多いのではないでしょうか。これまでスマートフォンのインターネット環境で十分だった方が、自宅にインターネット回線を設けようか検討している場合もあるでしょう。また、接続機器を長く使っている場合には、そろそろ新調し性能を上げたいと思われているかもしれません。
今回は、自宅でのインターネット利用に欠かせない接続機器「ルーター」について、その基礎知識と選び方についてご紹介します。

ルーターとは

ルーターは、パソコンをはじめとする複数のデジタル機器を、1つの回線でインターネットへつなぐために必要となる接続機器です。現在ではテレビやゲーム機などさまざまな家電がデジタル化され、それらを同時にインターネットへ接続する必要が出てきています。2台以上の機器をインターネットにつなぎたい場合には、ルーターが必要です。一方で、モデム(ONU)から直接ハブと接続して2台以上つなぎ分けた場合には、同時にインターネットへの接続ができなくなります。なぜなら、インターネットの接続にはつなぐ機器1台ずつにIPアドレスが必要であるものの、プロバイダは一般的に1契約につき1つのIPアドレスになるため、モデム(ONU)につなぐことができるのは機器1台のみになります。
また、ルーターは複数台接続して稼働させること以外に、接続している機器のIPアドレスを外部にさらさない効果もあります。そのため、家にあるパソコン1台だけをインターネットに接続できれば十分という場合でも、ルーターを設置することでパソコンへのサイバー攻撃を防ぐことにもつながります。

ルーターの種類

ルーターには、ケーブルで接続する有線タイプのルーターと、Wi-Fiルーターと呼ばれる無線タイプの2種類があります。

【有線ルーターの特徴】

有線ルーターは、パソコンやテレビ、ゲーム機などのデジタル機器をLANケーブルでインターネットに接続するタイプのルーターです。購入時の価格が低めで、ケーブルで直接接続しているため回線速度が速く、安定した接続状況を維持できるメリットがあります。その一方で、LANケーブルの差込口がついていないなどワイヤレス接続(Wi-Fi)にしか対応していないデジタル機器は、自宅のインターネット回線に接続することは難しくなります。

【無線ルーター(Wi-Fiルーター)の特徴】

パソコンやテレビ、ゲーム機をはじめ、ワイヤレス接続対応のプリンターやスマートフォン、タブレットなどを、Wi-Fiルーターの無線電波によってインターネット回線に接続します。自宅でスマートフォンを使用する際、スマートフォンの回線を使わずにインターネットへ接続できるため、スマートフォンのデータ通信量を節約することができます。その反面、Wi-Fiルーターの購入価格は高めで、状況によっては通信状態が有線よりも不安定になる場合があります。
また、無線ルーターの種類として小型で持ち運びに便利なモバイルWi-Fiルーターがあります。モバイルWi-Fiルーターはスマートフォンと同じ4GLTE回線などを使用するため、モデム(ONU)がなくても家や外出先でインターネットに接続できます。

モデム(ONU)やハブとの違いは?

デジタル機器をインターネットに接続する際、ルーターと同時に用いられる機器に「モデム(ONU)」や「ハブ」があります。これらは形状もルーターとよく似ている場合があり、見た目だけでは区別が難しいという方も多いでしょう。
ここでは、モデム(ONU)やハブといった接続機器の概要をご説明し、それらとルーターの違いについてもご紹介します。

モデム(ONU)やハブとの違いは?

モデムとルーターの違い

モデムとは、本来は電話回線やケーブルテレビ回線のアナログ信号と、デジタル機器のデジタル信号を相互に変換するための装置を指す名称です。しかし近年は、家庭用のインターネット回線も電話回線ではなく光回線が中心となりました。光回線の場合は、モデムの代わりに回線側の光信号と機器側の電気信号を相互に変換する「ONU(光回線終端装置)」という装置を使用します。

厳密にはONU=モデムではありませんが、今では回線と機器の信号を相互変換する装置という意味で、ONUのことも「モデム」と呼ぶ場合があります。
モデム(ONU)は「回線の信号を変換する装置」、ルーターは「デジタル機器をインターネットに接続する装置」という違いがあります。仮に形状が似ていたとしても、それぞれが持つ役割は大きく異なっているのです。
なお、モバイルWi-Fiルーターや据え置き型のホームルーターと呼ばれるタイプは、モバイル回線を使用するためモデム(ONU)は必要ありません。固定回線であればルーターを使用する際はモデム(ONU)への接続が必須ですが、ルーターとモデム(ONU)の機能が一体化したルーター機能付きモデム(ONU)や、モデム(ONU)一体型のルーターもあります。

ハブとルーターの違い

インターネット接続に用いられる装置には「ハブ」というものもあります。こちらも形状がルーターとよく似ていることがあり、混同しがちです。
ハブとは、ルーターでインターネット接続が可能なデジタル機器の数を増やすための装置です。ハブには機器をインターネットに接続する機能はないため、ハブは必ずルーターと一緒に使用します。

ハブのはたらきを電源コンセントに例えてみます。壁に備わるコンセントが2口しかなければ、本来は2つの電化製品しか使用できません。しかし、テーブルタップを使用すればたくさんの電化製品が使えます。インターネット接続において、テーブルタップの役割を果たしているのがハブと考えると分かりやすいでしょう。

ルーターのなかでも「無線タイプ(Wi-Fiルーター)」の場合、複数のLANケーブルが接続可能となっているものがあります。これらは、ハブの機能も付属している「ハブ一体型のルーター」といえます。

無線ルーターの選び方・ポイント

ルーターには大きく分けて有線タイプと無線タイプがあり、製品によって性能も異なります。最近は複数のデジタル機器をインターネットへつなぐ方が多いため、ここでは自宅に合った無線ルーターの選び方をご紹介します。

使用環境に合わせて選ぶ

建物のタイプによって、選ぶ無線ルーターの種類も異なります。自宅が戸建て住宅か、ファミリータイプのマンションか、あるいはワンルームの賃貸物件かで、求められる性能も変わってきます。
このため、無線ルーターを選ぶ際は製品の箱や商品説明に書かれている想定使用環境をチェックして選定しましょう。「一戸建て(2階建て)向け」「マンション(2LDK)向け」「ワンルーム向け」など、使用に適した建物の形状や間取りが記載されていることが一般的です。
想定使用環境は、家の真ん中に無線ルーターを設置している状態です。実際には部屋の隅に無線ルーターを配置して隣の部屋でパソコンを使用するなど、無線ルーターとデジタル機器の距離が遠くなることがあります。また、無線ルーターを設置した部屋と使用する部屋の階数が違う場合、電波を届ける性能が低ければ接続が不安定になり得ます。安定した接続状況を確保するため、可能であれば「1LDKのマンション住まいだが、2LDK以上向けを選ぶ」といったように、若干性能に余裕を持たせて選ぶことがおすすめです。

接続機器に合わせて選ぶ

自宅で何台のデジタル機器と同時に接続する可能性があるかを確かめ、それに合わせて選ぶ方法です。商品説明や外箱に「同時に接続できる機器の台数の上限」が記載されていますので、自宅のデジタル機器の台数に合わせて選定します。この場合も、接続可能台数に余裕があると通信速度などが安定するため、性能にある程度余裕を持たせて選ぶと良いでしょう。

通信速度で選ぶ

無線ルーターの通信速度は、通信規格の違いによって変わります。現在の最新規格は「Wi-Fi6」と呼ばれる「IEEE802.11ax(11ax)」で、主流なものはひとつ前の規格「IEEE802.11ac(11ac)」です。規格が新しいほど最大通信速度が上がり、インターネット接続が快適になる特徴があります。また、通信速度が速い規格の無線ルーターは、部屋の中の障害物や電波の干渉に強いメリットもあります。

ルーターの寿命、買い替えが必要な時期は?

現在使用しているルーターをそろそろ買い替えようと考えている方もいるでしょう。ルーター本体の寿命の目安は、性能などを考慮しなければ「4年~5年ほど」といわれています。4年~5年経てば必ず使えなくなるわけではありませんが、使い続けると速度低下や接続が不安定になるといった症状が出やすくなるとされています。

また、ルーターの通信規格も年を追って変化するため、性能にこだわる場合は新規格の発売に合わせて買い替えるケースもあるでしょう。旧規格のままでもインターネット接続に支障はありませんが、新規格にすることで通信速度の向上、さらにはセキュリティ機能の強化が見込めます。

ルーターにもセキュリティ対策が必要

ルーターにもセキュリティ対策が必要

家庭用のルーターを経由し、サイバー攻撃が実行される可能性があることをご存じでしょうか。サイバー攻撃の被害は有名企業や官庁だけの話ではなく、家庭で使うインターネット環境にもリスクが潜んでいます。

家庭用のインターネット環境がサイバー攻撃の被害に遭った事例に、ネットワークカメラが乗っ取られたケースがあります。また、インターネット経由でデジタル機器が乗っ取られ、所有者や家族等になりすまして不正利用されることもあります。

このような事態の要因の1つとして想定されるのは、ルーターの接続を管理するIDやパスワードが、第三者に推測されやすいものだったことでしょう。IDやパスワードを推測されにくいものとするなどの適正な管理に加え、セキュリティサービスを導入するなどの対策を行い、サイバー攻撃の被害を防止しましょう。

ALSOKのセキュリティサービス「SECURIE」

ALSOKでは、ご家庭のWi-Fiルーターを含むインターネット接続機器をサイバー攻撃から保護するセキュリティサービス「SECURIE(セキュリエ)」をご提供しています。
SECURIEの大きな特徴は、OSを問わず端末台数無制限でセキュリティソフトの利用が可能な点です。しかも、それらの機器の管理はスマートフォンアプリ1つで行えます。コストを抑えつつ、合理的なセキュリティ対策を行うことができます。
警備を専門とするALSOKならではのサポート体制は、SECURIEにも生かされています。電話・メールでの問い合わせは365日受付で、機器の設定からトラブル対応までトータルにカバー。いつでも安心してインターネットをご利用いただけます。

まとめ

ルーターはインターネット接続に欠かせないもの。近年では一般家庭に設置されたWi-Fiルーターのセキュリティリスクを狙ったサイバー攻撃の被害も発生しています。大切なデータや個人情報を守るために、適切なセキュリティ対策を行いましょう。

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも