簡易陰圧装置(簡易陰圧テント)※補助金適用対象商品

全国の病院・介護施設などで約1300台の導入実績あり

介護施設等に導入する場合、全額補助の対象に

厚生労働省や各自治体は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、介護施設等における簡易陰圧装置の設置に必要な経費の助成を行っています。
(※平成26年度から設置された厚生労働省の財政支援制度「地域医療介護総合確保基金」によるもの

[ 都道府県別 補助金制度の一例を見る ]

簡易陰圧テントとは?

テント内部の空気圧を外部より低い状態にすることで、中の空気を漏らさないテントです。弊社の簡易陰圧テントはHEPA空気清浄機(オゾンエアクリア)を使用し、テント内部を陰圧状態にするとともに、HEPAフィルタでウイルスを捕捉し外部に放出いたします。このような隔離環境を作ることで、感染源の拡散を防ぐ効果があります。

価格

オゾンエアクリア434,500円(税込)
簡易陰圧テント223,300円(税込)
専用キャスター6,600円(税込)
合計664,400円(税込)

※送料を含む価格となっております。

陰圧装置(オゾンエアクリア)のポイント

    • Point
      1
    • 空気吸引機能

    機械が空気を吸って、除菌・脱臭・集塵を行い、空気を清浄化させます。
    通常時は、空気清浄機として利用可能です。

    • Point
      2
    • オゾンくん蒸機能

    無人の部屋でオゾンガスを放出、充満させ、すみずみまで除菌・脱臭を行います。

製品情報

HEPAフィルター付空気清浄機
「オゾンエアクリア eZ-100」

業務用として開発された高機能空気清浄脱臭機です。

◆除菌力(医療機関の除菌力)病院等の医療機関で結核菌対策や、手術室などで使用されている確かな除菌力を持っています。
◆脱臭力(ホテル業界の脱臭力)全国の主要ホテルで最も使われているオゾン脱臭機能を備えた、高い脱臭能力を持っています。
◆集塵力(国際規格の集塵力)宇宙開発を行っているIHIエアロスペース社の開発によるフィルタシステムを採用。0.3μの粒子を99.97%除去でき、PM2.5や花粉対策にも有効です。

【アフターメンテナンス】

■日常のお手入れ・水拭きで、機械全体を拭き掃除してください。
・機械内部のプレフィルターに付着したほこりを、掃除機などで吸いとってください。
■定期交換部品機器の使用時間に応じて、定期的にフィルター等の部品を交換する必要があります。(定期交換キット:税込48,730円・送料別)
<交換目安>
・空気吸引運転:8,760時間(365日×24時間)
・オゾンくん蒸運転:500時間(8時間×63週)
※交換時期がくると、運転ランプが点滅してお知らせします。

簡易陰圧テント

折りたたで収納可能。必要な時に必要な場所で陰圧室の設置が可能です。

外寸W:2,500mm × D:16,520mm × H:1,800mm

都道府県別:補助金制度の一例

当商品の導入に際し補助金の適用を受けるための申請要領や募集期間は、自治体によって異なります。ここでは、自治体で施行された補助制度または担当部局を掲載しています(2021年7月1日現在のもの。すでに今年度の募集を終了している自治体もあります。詳細は、各自治体のホームページや担当部局までご確認ください)。

※東京都など一部の自治体では、当ページで紹介している簡易陰圧装置(オゾンエアクリアeZ-100と簡易陰圧テント)では補助の対象にならない場合があります。ALSOKでは、この他にも補助対象となりうるさまざまな簡易陰圧装置を取り扱っておりますので、詳しくは[お問い合わせ・お見積ボタン]からお問い合わせください。

自治体 補助制度例または担当部局
岩手県 岩手県庁長寿社会課
宮城県 介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業(宮城県保健福祉部長寿社会政策課)
福島県 福島県庁高齢福祉課
栃木県 栃木県庁保健福祉部医療政策課 高齢対策課
東京都 高齢者施設等の感染症対策設備整備推進事業(東京都福祉保健局)
神奈川県 介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業(神奈川県庁福祉部高齢福祉課)
京都府 介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業(健康福祉部高齢介護課)
岐阜県 岐阜県地域密着型サービス等整備助成事業費等補助金(栃木県庁健康福祉部高齢福祉課)
佐賀県 佐賀県地域医療介護総合確保基金事業(佐賀県健康福祉部長寿社会課)
沖縄県 介護施設等における簡易陰圧装置の設置にかかる経費支援事業(沖縄県庁子ども生活福祉部高齢者福祉介護課)