防犯対策ならALSOK ホームセキュリティのHOME ALSOK ライフサポートコラム 花粉が終わっても鼻がムズムズ……それは「通年性アレルギー」かも?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

花粉が終わっても鼻がムズムズ……それは「通年性アレルギー」かも?

女性向け
5月、スギやヒノキといった花粉の飛散シーズンもようやく終わりが見えてきました。連休明けにはスッキリしちゃうかも? なんて思いきや、鼻水、鼻づまりがおさまる気配はなし。そんな方はもしかしたら、一年を通じて起きるアレルギー性の鼻炎かも!? 今回はこの「通年性アレルギー性鼻炎」について、アルボが解説しま……、は、はっくしゅん!
アイコン
ズビズビ。ああ、鼻づまりでもう頭も回らない。 花粉は終わったはずなのに、なんなのかしら。
お姉さん、あのー、大きな声では言えないのデスが……。
お部屋がっ、汚ないデスっ!!!!
アイコン
アイコン
ちょっ……なに大声で失礼なこと言ってるのよ。毎日お掃除してるわよ!
ははぁ、ではお掃除のポイントがずれているんデスね。お姉さんの鼻のトラブルは「通年性アレルギー性鼻炎」の疑いがありマス。
アイコン
アイコン
通年性アレルギー? な、なにそれ……!?
おっと、そこを説明する前に、最初に「アレルギー性鼻炎」についてカンタンにおさらいしまショウ!
アイコン

まず、人の鼻は侵入してきたものを異物と判断すると、さまざまな手段で無害化を試みます。それが、くしゃみや鼻水、鼻づまりとなって現れるのがアレルギー性鼻炎です。

この鼻炎には、2種類あります。

1つは、決まった季節だけに鼻のトラブルがおきる「季節性アレルギ−性鼻炎」
もう1つは、一年を通じておきる「通年性アレルギ−性鼻炎」です。

「季節性アレルギー性鼻炎」の代表が花粉症です。ただ、スギやヒノキなどの花粉シーズンが終わっても、夏はイネ科の雑草、秋と冬は、ヨモギやブタクサ、カナムグラ といった花粉が飛んでいます。これらの花粉に対してアレルギー反応が出る方もいるため、花粉症は春だけのものとは限らないのです。

アイコン
じゃ、じゃあ私もその夏の花粉症かもしれないじゃなーい!!
はっはっは、いやいやいや。まあ聞いてくだサイ。
アイコン

一方、「通年性アレルギー性鼻炎」は、主にハウスダストが原因といわれています。

ハウスダストとは、ダニの死がいやフン、ペットの毛やフケ、カビや細菌などといった肉眼では見えにくい1mm以下の室内塵のことです。

通年性アレルギー性鼻炎は、こうしたものに接触することで、季節を問わずアレルギー症状が出ます。とはいえ、何に対してアレルギー反応が出ているのかは耳鼻科や内科といったお医者さんできちんと検査してみなければわかりません。

アイコン
ズビビ。じゃあ、なんで私がその通年性だと思うの?
ぼくの目で解析したところ……空気中に思いっきり漂ってるんデス、ハウスダストが。
ああ、今まさにお姉さんの鼻にどんどん吸い込まれて……。
アイコン
アイコン
ギャーーーやめて! でもなんで?
ちゃんとこまめにお掃除してるのよ? ズビ。
お掃除の仕方が間違っている可能性がありマスネ。
ハウスダストに注目したお掃除ポイントをまとめてみまショウ!
アイコン

お家のハウスダスト対策! 5つのお掃除ポイント

<フローリング>

いきなり掃除機はNG! モップがけからスタートしよう
床に積もったホコリが舞い上がらないよう、最初はそっとモップで取り除きましょう。その後に掃除機をかけるときも、じっくりとかけるのがポイント。起床後すぐ、もしくは帰宅後すぐなど、人の動きがなくホコリが床に落ちているタイミングで行うと効果的です。

<カーペット>

掃除機を動かす向きは、色が濃くなる方向へ!
カーペットは掃除機をかける前に色が濃くなる方向にブラシをかけて、毛足の奥にもぐりこんだホコリを浮き上がらせます。掃除機を動かす向きも、同じく色が濃くなる方向へ。最後に粘着ローラーを転がして、取りきれなかった汚れを取り除くとベスト。

<ベッド周り>

洗濯と除湿を徹底してダニを撃退
シーツやカバーはダニの温床になりがち。週1回はお洗濯、週2回は天日干しして清潔に。また、ふとん乾燥機で除湿をしたり、掃除機でダニを吸い取るのも◎。ふとん、枕にダニを通さないカバーを使うのも手。

アイコン
あー……私、思いっきり窓開けて、フローリングにいきなり掃除機かけてたわ。
きっとハウスダストを舞い上げちゃってたのね。ズビズビ。
ハウスダストの観点からみると、ダニが発生しやすい布系の家具は、できるだけ避けたほうがいいんだそうデスガ……。
アイコン
アイコン
でも私、この家具気に入ってるのよ。お掃除がんばるわ! ズビ。

布張りのカーペットやソファなどには、市販のハウスダスト除去剤を使ってみるのも手。スプレーでハウスダストを固め、空気中に舞い上がるのをおさえて、掃除機で吸い取りやすくしてくれます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状は風邪によく似ていマスし、風邪の可能性もありマス。変だなと思ったら、すぐに耳鼻科や内科などに相談してみてくだサイネ。
アイコン
カーテン、寝具、カーペット、ソファ……春の大掃除大会を実施したらなんと一発で部屋も鼻もスッキリ爽快よ〜!目に見えないからつい甘く見ちゃうけど、いつまでも鼻のムズムズがとまらない方はお掃除で解決するかもしれないわ!

コラム一覧

コラム一覧
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
お部屋を見守る防犯カメラ「アルボeye」を使ってみた

更新日:2016.10.26

今回は最新の家庭用防犯カメラの使い心地をチェック! 「HOME ALSOKアルボeye」のカメラ、その性能とは!?