城の防犯(防御)とは|HOME ALSOK研究所

城の防犯(防御)とは

防犯 2019.11.13

防犯という言葉は、文字通り犯罪が起こらないように防ぐという意味をもっています。テクノロジーの発展した現代では、防犯カメラやセンサーライトなどの防犯設備が整備され、家庭やオフィスを守る対策も向上しています。では、こうした機器がなかった昔はどんな方法で防犯を行っていたのでしょうか。難攻不落とも称され、敵の侵入に強い防御力をもった城に焦点をあてて、その方法を考察してみます。

城は侵入を防ぐ構造になっている

姫路城の防御方法

防犯対策の強化には専門家の知恵が役立つ

参考文献:戦国ヒストリー「お城の基礎知識まとめ。縄張・曲輪・天守・石垣・土塁・堀etc…」
Wikipedia「姫路城」「曲輪」「天守」
城ワールド「荘厳堅牢、武家文化を象徴する日本の城」
日本の城「城の見方ガイド(3)天守にも色々な縄張がある」
TABIAN「無理ッ!!こんな城どうやって攻めるの?美しくっても城は城!要塞としてもすごかった!敵から守るいくつもの仕掛け!」
シロサンポ「姫路城【国宝5城】の歴史と観光ガイド」
城びと「第37回 【鑑賞】天守ってどれも同じ形じゃないの?」

防犯TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも