孤独死をどう避けるか|HOME ALSOK研究所

孤独死をどう避けるか

高齢者・介護 2020.02.12

少子高齢化が加速している現在の社会では、高齢者の一人暮らし世帯も多く、孤独死が社会問題化しているのが実状です。地域に暮らす高齢者が将来に直面するかもしれない孤独死には、地方自治体をはじめ民間企業も対策に乗り出すなど真摯な対応を進めています。
では、今後も危惧される高齢者の孤独死問題はいかにして予防することができるのでしょうか。現状を認識しつつ、これからの社会が直面する高齢者の孤独死対策について考えてみましょう。

資料:内閣府「高齢者の健康に関する意識調査」(平成24年)
※1 調査対象は全国55歳以上の男女であるが、そのうち60歳以上の再集計
※2 「その他世帯(計)」は、二世代世帯、三世代世帯及びその他の世帯の合計をいう。
※本調査における「孤独死」の定義は「誰にも看取られることなく、亡くなったあとに発見される死」

資料:東京都福祉保健局東京都監察医務院「東京都23区内における一人暮らしの者の死亡者数の推移」

出典:内閣府「平成30年版高齢社会白書(全体版)」

みまもりサービスはALSOK

高齢者・介護TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも