中期経営計画(2021-2025年度)

4: サステナビリティへの取組強化

ガバナンスの強化

  • 持続的成長の実現
  • 中長期的な企業価値の向上
  • グループ体制の見直し
  • 経営効率化
綜警憲章(経営理念)
我が社は、「ありがとうの心」と「武士の精神」をもって社業を推進し、お客様と社会の安全・安心の確保のために最善を尽くす。

SDGsへの取組み

ALSOKは、創業の精神に基づき、ALSOKの強みである人材力、組織力、信頼ならびにCSRへの取り組みにより、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献します。

環境問題への取組み

ALSOKは、地球環境問題が人類共通の課題であるとの認識のもと、持続可能な社会の実現に貢献することを目指して環境に配慮した活動を推進していきます。

カーボンニュートラルへ向けた
取組み

CO2削減に向けた取組強化

  • グリーン調達
  • 次世代車両への入れ替え
  • グリーン電力
循環経済に向けた取組み

循環性の高いビジネスモデルへの転換

  • 3R等の推進
  • 商品・サービスにかかわる環境配慮設計の強化
  • ※長期使用可能な製品・サービス設計(耐久性、アップグレード性等)

    ※メンテナンスを含めた製品の有効活用

環境マネジメント

環境対応に対してステークホルダーからの信頼獲得

  • 環境マネジメントシステムISO14001のグループ全社への導入
  • 国際的なイニシアチブ(TCFD等)への賛同
  • ALSOKグループの環境ガバナンスへの取組強化
  • 取組状況の積極的な情報発信
社会の課題解決への貢献

新商品・サービスの提供

  • エネルギーマネジメントサービスの提供
  • 環境モニタリング
  • 防災・減災対策
  • 水素ステーション・EV充電施設等の運営サポート