失敗しない一戸建て住宅設備の選び方|HOME ALSOK研究所

失敗しない一戸建て住宅設備の選び方

住宅設備 2019.03.29
失敗しない一戸建て住宅設備の選び方

これから一戸建てを購入するあるいは建てるという人は、どんな家にしようかとあれこれ悩むのが普通ですね。とくに注文住宅を建てるという人は予算の限りはあるものの、どんな家にしようと、どんな設備を揃えようと、基本的に自由で選び放題なわけですから、選ぶのが逆にむずかしくなっているかもしません。
そこでここでは後悔しない住宅設備の選び方について考えてみることにしましょう。

ショールームの回り方

キッチンやお風呂、トイレなどの水回り系の住宅設備は大手の住宅設備メーカーがそれぞれショールームを持っており、かなり大規模なものが多いです。各社のショールームを全部回って、いいものを探そうするとかなりの確率で途中で挫折することになります。なぜなら、ひとつのショールームで少なくとも2−3時間かかるのが普通だからです。基本的にはホームページやカタログなどで候補を絞り、その実物をショールームで確認するという流れで選ぶのが正解です。
ショールームに行く際には手ぶらでふらっと行くのはやめましょう。せっかく時間と手間をかけて行くのですから、設備選びに必要な情報は事前に用意して手持ちするのが基本です。

ショールームを回る際のチェックリストを掲げましたので参考にしてください。

  • 図面を持っていく
    • 図面ができている場合は必ず持参しましょう。キッチンやお風呂はさまざまな寸法のものがあります。そんなとき図面があればその設備が取り付けられるものかどうかの確認がその場できます。
  • 床材や壁材のサンプルを持参する
    • 気に入った設備に色のバリエーションがあった場合に、取り付ける位置の床や壁の色とあうかどうかの確認ができます。色の取り合わせは頭の中で描いていたイメージと実際とでは大きく違う場合が多いので、できるだけサンプルを持参して実際に色合わせをしてみることをおススメします。
  • 脱ぎやすい靴を履く
      日本では家のなかでは靴を履いて生活しないのが普通。キッチンの高さなどを確かめるには靴を脱いで体験してみるのが鉄則です。浴槽なども実際に入って確かめることができますので、意外と靴を脱ぎ履きすることが多いです。ロングブーツなどは避けた方が賢明です。
  • 土日は予約してから
      土日は人が集まるので予約しないと担当のスタッフについてもらえないケースもあります。ショールームで設備を決めたら、見積もりまでしてもらわないと意味がありませんので、土日に行く場合は事前にかならず予約をするようにしましょう。
  • キッチン周りに収納するものリストをつくる
      キッチンなどは収納スペースに入る引き出しの形状などが選べるものが多いですし、収納力がキッチンを選ぶひとつの決め手になる場合も少なくありません。頭の中で想像するだけでなく、現状キッチン周りに何が入っているか、何が使いにくく感じているかなどを明確にしておくと迷いが少なくなります。一升瓶の収納場所がなくて後で困ったという話を聞いたことがあります。実際にはショールームのようにおしゃれ容器ばかりがあるわけではありませんから注意が必要です。
  • 使い方がイメージできないものは選ばない
      ショールームで最新の設備を見ていると、何だかどれもこれも欲しくなってきて迷いますが、そういう時は使い方がイメージできないような機能は切り捨てる方針でいきましょう。サウナやジャグジーなどもあったら良さそうと思ってつけてしまって、実際には使っていないというケースが多いようです。理由は簡単「そんな時間がない」です。
  • 最後は10年20年で交換するイメージで
      住宅設備は一生物ではありません。汚れてきたとか、機能が古いとか、調子が悪いとかなどの理由で多くの人が20年前後で交換しています。コンロやウォシュレットなどはもっと早くて10年くらいが一般的でしょうか。ショールームでたくさんの種類をみると迷いますが、決めきれない時は「どうせそのうち交換する」という気持ちを持つことです。最新機種は次の機種がでたら古くなるのですから、なんでも最新にこだわる必要はありません。

ホームセキュリティは新築時に導入する

住宅設備には初めからつけておかなければならない類のものと、後付けできるものの2種類があります。ホームセキュリティはもちろん後付けすることもできますが、配線などを壁に埋めて隠すことができるので、できるだけ施工前に導入を決めておきたいもののひとつです。一戸建ては集合住宅と比べて自身での防犯対策が一層必要となります。空き巣の被害も一戸建ての住宅が全体の4割と大部分を占めています。ホームセキュティの導入は施工前にハウスメーカーや大工さん、工務店に相談するとスムーズに進めることができます。
ぜひご検討ください。

住宅設備TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも