認知症による徘徊は危険!徘徊の原因と対応策を説明

認知症による徘徊は危険!徘徊の原因と対応策を説明

高齢者 2020.03.25
認知症による徘徊は危険!徘徊の原因と対応策を説明

認知症の症状が進むと、「徘徊」が始まるケースがあります。徘徊は昼夜を選ばないので、介護する家族はたいへんです。ふと油断したときに一人で外出してしまい、行方不明になったり事故に遭ったりするのではと不安に感じている人も多いでしょう。また、徘徊中に熱中症や低体温症を引き起こしたり、転倒、骨折したりという危険もあります。そこでここでは徘徊の原因や対応策について紹介します。

認知症が引き起こす徘徊とは?加齢により徘徊する人が急増

出典:警察庁「平成30年における行方不明者の状況」

認知症の徘徊の原因は脳の機能低下が原因?

徘徊を見つけたときの適切な対応は?

徘徊前・徘徊が起きた後に分けて対策することが重要

認知症の徘徊対策にはお役立ちグッズの導入を

高齢者・介護TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも