別荘の維持費はいくらかかるのか?

空き家管理 2020.11.13

別荘を維持するためには、管理費や借地料、電気・ガス、上下水道の基本料金、固定資産税や住民税、火災保険など、さまざまな費用がかかります。所有する別荘や立地によってかかる維持費に差が出るため、具体的な額については別荘を購入した不動産業者や管理会社に確認してみましょう。

また、別荘を維持するためには、不在中空き巣などの被害にあわないよう、セキュリティ管理を行う必要があります。

別荘の維持費はいくらかかるか?

別荘の維持費はいくらかかるか?
別荘の維持費はいくらかかるか?

別荘を所有することでかかる維持費は、別荘を管理するための費用と、別荘維持に必要な税金に大別されます。具体的な費用は、別荘の大きさや立地、土地の権利などで異なります。

別荘の管理にかかる費用

別荘を管理するためにはさまざまな費用がかかります。なかでも代表的な5項目をご紹介します。

1管理費

管理費は、別荘地内の定期清掃を管理清掃会社に委託する際にかかる費用です。土地のみ、建物ありで年間にかかる料金に差があります。 清掃を委託しない場合、管理費はかかりません。しかし、別荘を使用できる状態で維持するには定期的な清掃が必要なため、別荘に行く頻度が少なければ委託することをお勧めします。

2電気・ガス基本料金

使用していない期間であっても、電気・ガスの基本料金がかかります。代表的な別荘地である軽井沢や蓼科の場合、電気の月額基本料は800〜1,200円程度(中部電力使用による)です。ガスの基本料金は1,500〜2,000円程度です。
契約している電力会社・ガス会社によって金額が異なります。

3上下水道料

別荘地の水道料金は、基本料+使用量の従量制よりも、いくら使っても(使わなくても)料金が変わらない定額制が多いのも特徴のひとつです。また、公営の水道ではなく私営の場合も多く、別荘地によっては修繕積立費などの一時金が必要なケースもあります。

4火災保険料

無人期間が多い別荘では、通常の火災保険には加入できない場合があります。別荘向けの火災保険に加入し、万一に備えておきましょう。

5場合によって必要な管理費

別荘によっては、次のような費用が掛かる場合もあります。

汲み取り費用:別荘が簡易水洗トイレの場合は、下水道料金のかわりに汲み取り費用がかかります。1回につき1万〜1万5,000円程度かかることが多く、大抵は年に1〜2回の作業が必要です。

ゴミ処理費用:管理費とは別途で請求される場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

温泉更新料・使用料:温泉付き別荘を所有している場合に必要な費用です。温泉使用料は月額払い、温泉権は10年ごとの更新が一般的です。

共益施設管理費:管理者が管理する別荘地であれば、共益施設管理費が発生します。この費用は、別荘地内の整備や管理に充てられます。共益施設管理費は、別荘地の規模、管理体制によってかかる額が異なります。

借地料:別荘のなかには借地に建っている物件もあります。このような別荘の場合、土地の利用には、地主さんに対して年間決まった額の借地料を支払う必要があります。多くの場合は、借地料は敷地の広さによって異なります。

別荘を維持するための税金

別荘維持のために必要な税金は、次のとおりです。

1固定資産税・都市計画税

土地が借地であっても、所有権を持つ建物への固定資産税がかかります。金額は課税標準額の1.4%ですが、場合によってはセカンドハウスの定義内として、税率の軽減措置を受けられるケースもあります。
また、別荘地が都市計画区域である場合は、最高で0.3%の都市計画税が課税されます。[注1]

2住民税

住民票を移していない別荘やセカンドハウスであっても、住民税は課税されます。住民票のある住宅には、通常通り「所得割」と「均等割」が、住民票のない別荘およびセカンドハウスには家屋にかかる均等割のみが課税されます。

別荘維持するにあたっての3つの注意点

別荘維持するにあたっての3つの注意点
別荘維持するにあたっての3つの注意点

別荘を維持するにあたって、注意しておきたい3つのポイントは次のとおりです。

1別荘購入の前に維持費のシミュレーションをしておく

「思った以上に維持費がかかり、所有して続けることが難しい」ということにならないよう、別荘を購入する前に、

  • 購入時にかかる初期費用
  • 購入後にかかる維持費

をしっかり確認しておきましょう。中古物件を購入した場合は、リフォーム費用についても念頭に置いておく必要があります。
とくに維持費は、別荘を所有し続ける限り負担しなければならない費用です。
チェックリストを作成するなどして、別荘の利用頻度や利用時期などを考慮しながら綿密な支払いシミュレーションをしておきましょう。

2設備の保守点検は定期的に行う

中古の別荘を購入する場合は、設備の古さにも注意しなければなりません。
キッチンやトイレ、電気などはリフォームすることである程度解決しますが、問題は下水道の整備です。

地方の別荘地は下水道が整備されていないところがあり、古い物件では単独浄化槽を使用しているケースがあります。
単独浄化槽は下水道法改定により、現在では新設できない浄化槽です。万が一壊れてしまった場合は、新たに合併浄化槽を設置する必要があるのですが、80万〜100万円程度の費用がかかってしまいます。
浄化槽を維持するためには、定期的な保守検査・法定点検・清掃を怠らないようにしましょう。

3交通費や娯楽費がかかることも留意しておく

別荘で過ごすためには、当然交通費や、別荘での時間を満喫するための娯楽費がかかります。家族の人数や利用頻度によっては、それなりの費用が必要です。

維持費だけで手一杯、ということになれば、別荘を購入した意味がなくなってしまいます。別荘で過ごすためにかかる交通費や娯楽費についても、購入前にしっかり留意しておきましょう。

別荘を維持するにはセキュリティ管理が必須

別荘を維持するには、空き巣や不法投棄といった被害を防止するためのセキリティ管理も重要です。地方の別荘地では、夜間になると極端に人通りが少なくなります。そのうえ、別荘は長期不在になることが多いため、空き巣の格好のターゲットとなってしまうのです。

空き巣は、一般的に侵入に時間がかかる家や犯行に及ぶうえでリスクが高いと判断した家は狙わない傾向にあるといわれています。敷地の入り口など、外から見える場所に防犯カメラを、エントランスや裏口にセンサーライトを設置しましょう。「セキュリティ意識の高い家」だと認識され、空き巣が侵入するリスクを減らすことが可能となります。

別荘維持には必要な費用のシミュレーションとセキュリティ管理が重要

購入した別荘を維持するためには、管理や税金にかかる費用を事前に把握することが大切です。別荘を所有しているあいだ、維持費を払い続けていく余裕があるか、しっかりとシミュレーションしましょう。

また、長期不在になることが多い別荘では、空き巣対策などのセキュリティ管理も重要です。

別荘のセキュリティ管理には、防犯カメラの設置ほか、「HOME ALSOKるすたくサービス」におまかせください。
月一度の巡回、郵便物の整理ほか、不審者の侵入に対する駆けつけサービス等のオプションをご用意しております。

空き家管理TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも