空き巣の手口「マーキング」の実例と対策

防犯 2020.10.09
空き巣の手口「マーキング」の実例と対策

自宅玄関周辺に見知らぬマークや文字が書かれていたり、シールやテープが貼られていたりするのを見つけたことはないでしょうか。もしかするとそれは、マーキングかもしれません。空き巣や訪問販売員が使うマーキングとその実例、見つけたときの対策法について紹介します。

マーキングとは

表札、ポストだけではないマーキング

あなたの家は大丈夫?マーキング実例

マーキング例 意味
M 男性
W 女性
S 独身
F ファミリー
学生
赤ちゃんがいる
w8-20(ル) 平日(ウィークデイ)8時~20 時までは留守
20SW_9・21 20代独身女性、9時出勤、21時帰宅
SS 土日休み
黒いシール 家族、男性、(侵入や販売が)厳しいなど
白いシール 独身、女性、(侵入や販売の)可能性があるなど
黄色いシール もう一息、赤ちゃんがいるなど
可能性あり
× ダメ
もう一息

もしマーキングを見つけたら

空き巣に隙を見せない防犯対策を

防犯TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも