9月9日の重陽の節句とは?どんな食べ物や行事でお祝いするの?

9月9日の重陽の節句とは?どんな食べ物や行事でお祝いするの?

健康2021.05.20
9月9日の重陽の節句とは?どんな食べ物や行事でお祝いするの?

9月は過ごしやすい気候で食べ物も収穫期を迎える実りの秋。9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」とも呼ばれ、日本の五節句の1つです。菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべたお酒を楽しんだりして長寿や無病息災を祈願します。
この記事では、日本の四季を彩る五節句の1つ「重陽の節句」についてご紹介します。

重陽の節句とは

9月9日は、「重陽の節句」といわれ、平安時代初めに中国から伝わったとされています。
家族の無病息災や子孫繁栄、不老長寿を願い、祝いの宴を開いたことが起源。
中国では、奇数は縁起の良い「陽の日」とされ、奇数の重なる日を祝いの日と考えられました。陽の日の最大値である「9」が重なる日を「重陽」と呼び、節句の1つにしたといわれています。その一方で、陽数が重なると災いが起こりやすく不吉だとも考えられており、よくないことが起きないようにと、邪気を払う風習が根付いたともいわれています。

重陽の節句は「菊」を楽しむ行事

旧暦の9月9日は現在の10月中旬ごろあたり、菊の花が見ごろを迎える時期です。中国では、菊は邪気を払う力を持っているとされており、それが日本にも語り継がれ、重陽の節句では菊の花を楽しむ行事となっています。
日本では平安時代初めに宮中行事の1つとなり、菊を鑑賞する宴や菊を用いた厄払いが行われていましたが、時代とともに庶民にも広がり江戸時代には五節句の1つとして人々に親しまれる行事になりました。

現在は桃の節句、端午の節句など子どもにかかわる節句が広く祝い行事として楽しまれておりますが、重陽の節句はなじみが薄くなってしまっています。現在においてお祝い事として祝われることは少なくなってきておりますが、他の節句と同様、命を尊び、健やかな日々を過ごすことを願う大切な日といえるでしょう。

春夏秋冬を彩る五節句

日本には春夏秋冬の四季を彩る節句が存在します。節句とは季節の変わり目を指し、無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)、子孫繁栄などを願い、その季節に収穫できる旬のものをお供えしたり、食べたりして邪気を祓う行事を行います。お正月の七草、3月の桃、5月の菖蒲、7月の竹、9月の菊、と必ず植物に彩られるのが特徴です。

漢名 日付 和名/行事食
人日の節句
(じんじつ)
1月7日 七草の節句
行事食:七草粥
上巳の節句
(じょうし)
3月3日 桃の節句・ひな祭り
行事食:ちらし寿司
端午の節句
(たんご)
5月5日 菖蒲の節句
行事食:柏餅
七夕の節句
(しちせき)
7月7日 笹竹の節句
重陽の節句
(ちょうよう)
9月9日 菊の節句・栗の節句
行事食:栗ご飯

重陽の節句の食べ物や行事

ここからは、重陽の節句の食べ物や伝統行事などをご紹介します。

秋の収穫を祝う行事食「栗ご飯」

重陽の節句の食べ物や行事

秋に旬を迎える栗やなすを使った料理が定番。特に秋の味覚としてこの季節さまざまな料理に使われる栗を主役にした栗ごはんを食べてお祝いします。古くから庶民の間では「栗の節句」といわれるほど、栗ご飯は重陽の節句には欠かせないメニュー。この時期になると栗ご飯などが給食に出される保育園や学校もあるでしょう。
秋なすを使った料理も重陽の節句ではよく用いられているメニューです。焼きなすや煮びたしなど、日々の料理に取り入れ家族との食事の話題にするのも良いですね。

重陽の節句は別名「菊の節句」と呼ばれるように、菊の存在はマストになります。お刺身に飾られていることが多い食用菊ですが、栄養価も高く、サラダやおひたし、お吸い物の彩りなどにも最適です。手軽に楽しみたい方は、菊の花びらをモチーフにしたスイーツや菊に見立てた和菓子などを食べるのもおすすめです。食事から季節行事を取り入れることができますね。

不老長寿を願う「菊酒」

不老長寿を願う「菊酒」

菊酒とは、日本酒に菊の花を漬け込んだお酒のことをいいます。かつては重陽の節句に菊酒を飲み、厄よけや長寿を祈願するという風習が大切にされていました。現代ではあまりなじみがないものとなっています。
菊酒は盃に菊の花びらを浮かべ、日本酒と菊の香りのマリアージュを味わう、風情のある日本酒の楽しみ方です。大人のお祝いとして家族の健康や長生きを願いつつ、楽しいお酒を酌み交わすのも良いでしょう。

菊にまつわる伝統行事

重陽の節句の行事は、現在ではあまり知られていないものばかりです。古くから伝わる菊の伝統行事をご紹介します。

・着せ綿

菊の薬効に起因して菊の着せ綿という行事も行われています。9月8日の夜に菊の花を真綿で覆って夜露と香りを綿に移し、翌朝その綿を使って体や顔を拭うというもの。そうすると老いが去り、長寿を保つと伝えられていました。近世では、白菊には黄色、黄菊には赤、赤菊には白、と綿の色を変えるなど細かい決まりもできていたそうです。

・菊湯、菊枕

重陽の節句の日には、菊の香りには邪気を祓う力があると信じられ、菊を湯船に浮かべた「菊湯」や乾燥した菊の花びらを詰めた「菊枕」で眠り、菊の香りをまといます。菊の香りは疲れを癒し、安眠効果もあるといわれているそうです。
重陽の節句の日には入浴剤などで菊の香りを選んで、簡易的に菊湯を楽しむのも良いかもしれませんね。

・菊合わせ

菊合わせとは、育てた菊の美しさを競う催し。現在も各地で菊の品評会や鑑賞会が行われています。

家庭での菊の楽しみ方

家庭での菊の楽しみ方

ここからは、より家庭で取り入れやすい菊の楽しみ方をご紹介します。

・見た目が可愛い!ピンポンマム

丸い形をした菊の花「ピンポンマム」は花嫁のブーケにも使用される花です。小さな花が集まって咲く花弁は美しく、フラワーアレンジメントとして部屋に飾るのも良いでしょう。
より現代にあった可愛さや映えを演出できますし、華やかな重陽の節句にもなりそうですね。

・菊を模した和菓子やスイーツ

重陽の節句が近づくと菊を模した和菓子を販売するお店もあります。和菓子の場合は、菊の形をした練り切りなどが広く知られていることでしょう。黄色、ピンクといった色とりどりのスイーツを食べるのも重陽の節句の新しい楽しみ方といえますね。

重陽の節句とともに家の防犯についても考えよう

重陽の節句は家族の健康や長寿を祝うもの。家族が健やかに過ごすためには安全な環境で安心して生活ができることが大切になります。高齢のご両親が心配、お子さまの留守番や外出が増えた、など防犯に関する悩みもあるでしょう。

そこでALSOKのホームセキュリティでは、ご家族のニーズに合わせてさまざまなサービスを提供しています。高齢のご両親には「HOME ALSOKみまもりサポート」、お子さまの留守番や一人での外出時には「まもるっく」とご家庭ごとの悩みに対応することが可能です。

また、ALSOKでは、ご自宅で介護を受けられる訪問介護サービスや居宅介護支援、デイサービスなども行っており、日常生活を支えるサービスも充実しています。家の防犯や将来のことまでぜひALSOKにご相談ください。

大切なご家族の安全安心の環境づくりにALSOKのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

重陽の節句で家族の健康や無事を祝おう!

菊の花を楽しむ重陽の節句。あまり知られていない節句ですが、家族の健康や長寿を願う大切な行事といえます。日々の生活が安心できる環境であるとは限りません。安心は安全な環境があるからこそ感じられるもの。9月9日には大切な人の健康や長寿を願うとともに、日常生活における防犯について今一度考えてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも