子どもの感染対策は手洗いが効果的!正しい手洗いの仕方を知ろう

子どもの感染対策は手洗いが効果的!正しい手洗いの仕方を知ろう

健康 2021.08.27
子どもの感染対策は手洗いが効果的!正しい手洗いの仕方を知ろう

感染対策が重視されている中で、手を洗う回数が増えていますよね。特に子どもは普段何に触れているか分からないので、手洗いはウイルスの感染予防にとても効果的です。しかし、「子どもは正しく手洗いできているか?」「1人でも手洗いしているだろうか?」と心配されている方も多いのではないでしょうか。
今回は正しい手洗いの仕方や、子どもが手洗いを楽しく習慣化できるコツをご紹介します。

ウイルスの感染経路は主に2つある

ウイルスはさまざまな経路で人間の目・鼻・口へ侵入します。主な感染経路として、飛沫感染と接触感染の2つが挙げられます。

飛沫感染

飛沫感染はウイルスが咳やくしゃみ、会話中のつばと一緒に空気中に放出され、他の方が鼻や口から吸い込むことで感染します。飛沫は1~2m飛ぶといわれているため、人と会話するときは一定の距離を保つことが大切です。

接触感染

接触感染は皮膚や粘膜の直接的な接触や、手や物に付いたウイルスを触ることによって感染することです。
例えば、感染者が咳やくしゃみを押さえた手で物を触るとウイルスが付きます。それを他の方が触ると手にウイルスが付き、その手で目や鼻、口を触ることで感染する可能性があります。

「手洗い」はウイルス感染対策の基本

感染対策の中で手洗いは基本の対策方法です。しかし、手洗いをすることでどのくらい効果があるかご存じでしょうか。
手洗いしていないときは約100万個のウイルスが手に付いていますが、手を洗うことでウイルス量は大幅に減少するといわれています。
厚生労働省によると、水で15秒洗い流すだけでウイルスは約1万個に減少。また、ハンドソープで10秒もみ洗いし、水で15秒すすぎを2回繰り返せば、ウイルスは数個(残存率0.0001%)になります。
手をきれいに保つだけでなく、感染予防における効果を知ることでより手洗いの重要性が分かりますよね。

「手洗い」のタイミング

あらゆる物に触れる手には多くの菌やウイルスが付いているため、さまざまなタイミングで手洗いをすることが大切です。
日常生活での手洗いのタイミングは、

  • 帰宅時
  • トイレの後
  • 食事やおやつの前後
  • 調理前後
  • 咳やくしゃみ、鼻をかんだ後
  • ドアノブや手すりなど多くの人が触れるものに触った後

などです。
頻繁に手を洗いすぎると手荒れの原因になるため、適切なタイミングで行いましょう。

正しい手洗いの仕方

隅々までしっかり手洗いをしなければ、きちんと洗ったつもりでも菌やウイルスがまだ手に残っているかもしれません。
洗い残しがないように、正しい手洗いの仕方を覚えましょう。

正しい手洗いの仕方

出典:厚生労働省 正しい手の洗い方 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf

手を洗うときは石けんで手のひら、手の甲、指先、爪の間、指の間をこすります。特に爪や指は洗い残しが多いところなので忘れずに洗いましょう。手だけでなく、手首までしっかり洗い流します。
また、濡れたままの手は菌やウイルスが付きやすいので、手を洗った後はタオルやペーパータオルで拭きましょう。

子どもの手洗いを楽しく習慣化させよう

子どもの手洗いを楽しく習慣化させよう

小さな子どもに手洗いを習慣化させることはなかなか難しいかもしれません。しかし楽しく取り組めるようになれば、1人でもしっかり手洗いができるようになるでしょう。
家族で一緒に洗ったり、歌を歌いながら洗ったりすれば、手洗いの時間も楽しくなりますよね。また、手洗いの重要性を子どもに理解してもらうことも大切です。なぜ手を洗わなければいけないのかを分かりやすく教えてあげましょう。手洗いができたら褒めてあげて子どものやる気をアップさせるのもおすすめです。
また、子どもが好きな香りのハンドソープを選んだり、自動で泡がでるソープディスペンサーで子どもの興味を引くという方法もあります。子どもが自分から進んで手洗いをしたくなるような環境を作ってあげて、楽しく習慣化させましょう。

お子さまの安全対策に役立つALSOKのホームセキュリティ

子どもが大きくなると、留守番を任せる機会が増えてくるご家庭もあるでしょう。そのため、留守番中の子どもの安全のために防犯対策を強化したいと考えている方は多いのではないでしょうか。外出中に万が一何かあったとき、すぐに対応できると安心ですよね。

ALSOKではお子さまの留守番中もご自宅を守るホームセキュリティをご提供しています。
外出時だけでなく、在宅時も不審者の侵入や火災を検知し、急病の際は非常ボタンを押すだけで通報できます。

さらに、お子さまが留守番をする際におすすめのサービスが、室内用カメラ「アルポeye」です。
アルポeyeは部屋に設置したカメラの映像を外出先からスマホで確認でき、子どもの様子を見守ることができます。不審者の侵入や子どもの体調不良など異常を感じたらガードマンへ出動要請をすることができます。
また、スピーカーが内蔵されているため、何かあれば声をかけたり指示を出したりすることも可能です。

子どもを危険から守る安全安心な防犯対策に、ALSOKのホームセキュリティを活用してみませんか。

まとめ

今回は正しい手洗いの仕方についてご紹介しました。手洗いは感染予防においてとても重要な対策です。最初のうちは子どもが手洗いを嫌がることもあるので、楽しく取り組めるようにサポートしてあげてください。正しい手洗いの仕方を知って、手洗いを習慣化させることで菌やウイルスから家族を守りましょう。

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも