防犯・防災特集 vol.10

  • バックナンバー
  • 前号
防災 防犯・防災特集

ゲリラ豪雨、台風、竜巻…

自然災害に備えよう

2018年、2019年は2年連続で大規模な水害が発生し、現在も復興への取り組みが続いています。
今年もシーズン本番を迎える前に、災害への備えを見直してみましょう。

避けようのない災害だからこそしっかり備えたい

日本は「災害大国」といわれるほど自然災害の多い国です。特に夏~秋は台風、豪雨、竜巻などにより、例年深刻な被害が発生しています。
昨年関東地方を襲った台風15号、19号は、その被害の大きさから「令和元年房総半島台風」「令和元年東日本台風」と命名されました。両者の被害者数は死者89名、負傷者626名、被害総額は4,466億円にものぼります。一昨年にも「平成30年7月豪雨」といわれる記録的な豪雨が西日本を襲い、生活や経済に大きな打撃を与えました。
いずれの災害も、実際の被害規模は事前の予測を上回っていました。日本は山や森林が多い地形上、被害の予測が困難で、救助や支援に時間を要するケースも珍しくありません。数日にわたって断水や停電が続いた地域もありました。
困難な状況下で自分や家族の命を守るためには、日頃の備えが重要です。非常用セットの準備や災害時の行動について、家族全員で話しあってみてください。

日頃から準備しておこう

地域のハザードマップをチェック

自然災害による被害範囲を予測し、地図に表したものがハザードマップです。これを見れば、災害時にどんな経路でどこへ避難すればいいかわかります。国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」などで検索し、自宅や会社周辺のハザードマップを確認しておきましょう。

出典:関東地方整備局ホームページ

非常用持ち出しセットを準備しておく

いざというとき迅速に対応できるように、緊急時に必要なものをセットにしておきましょう。数日分の飲料水や食料、救急セット、ブランケットなどが人数分あると、避難の際も安心です。食料品や医薬品には保管期限があるので、年に1回は点検して、いつでも使える状態にしておくことが大切です。

ALSOKの「緊急キット」~ご購入は通販ショップで~

連絡手段を確認しておく

大規模な災害時は通信量が激増するため、電話やインターネットがつながりにくくなります。家族や知人の安否確認には、「災害用伝言ダイヤル(171)」や、各通信事業者が提供する「災害用伝言板サービス」などを利用しましょう。あらかじめ、家族や知人でどのサービスを利用するか決めておくとスムーズです。

いざというときは…

「警戒レベル」の変化をのがさない!

市町村からの避難情報は、テレビやラジオ、インターネット、防災無線、広報車などによって伝えられます。特に、避難の指標となる「警戒レベル」の変化を逃さないように注意してください。災害時の状況は刻一刻と変化します。情報はこまめにチェックしましょう。

はやめはやめに避難する

ハザードマップなどで、日頃から周辺の指定緊急避難所を確認しておきましょう。災害発生後の避難は、道中で被災するリスクが高くなります。
避難が無意味になることをおそれず、できるだけ災害発生前に、安全に避難してください。

メールやSNSの情報に注意する

昨年発生した「令和元年房総半島台風」「令和元年東日本台風」の際は、インターネット上で誤った情報が拡散され、大きな問題となりました。不安をあおるフェイクニュースやチェーンメールにまどわされたり、広めたりしないように、情報源を確認する習慣を身につけましょう。

災害時でも安心!HOME ALSOKみまもりサポート

今夏リニューアルされたHOME ALSOKみまもりサポートには、災害発生時の避難をサポートする新機能が加わりました。

国や自治体が発信する災害情報を受信し、音声で読み上げて避難を促します。同時にご家族の方にも通知が届き、離れていても状況を把握することができます。「みまもり情報提供サービス」では、他にも【熱中症見守り】や【安否確認】、【外出/帰宅通知】などの情報をお届けします。

STEP1 災害発生~避難開始

緊急通報装置が自治体からの緊急速報メールを受信して、音声で読み上げます。
メールに不慣れな高齢者の方も、避難情報を逃しません。

STEP2 避難行動中

「みまもりタグ」を身につけていれば、移動中の位置情報を記録できます。※
避難の足取りがわかるので、安全確保や救助もスムーズに行えます。
※周囲に他の利用者宅がある場合、近くを通ると位置情報を取得します。

STEP3 避難終了

避難所に到着すると、家族や自治体へ通知が届きます。避難の完了がすぐにわかるので、離れて暮らすご家族の方も安心です。自治体の状況把握や集計にも役立ちます。※
※自治体と契約がある場合

HOME ALSOKみまもりサポート

防犯・防災特集 vol.10

  • バックナンバー
  • 前号