ストーカー被害の実態とストーカー対策方法

ストーカー被害の実態とストーカー対策方法

防犯 2020.07.30
ストーカー被害の実態とストーカー対策方法

一人暮らしは自由気ままで楽しいものですが、侵入盗など気をつけなくてはならないこともたくさんあります。とくに女性の場合は一人暮らしが知られると、不審者に付きまとわれたり、窃盗以外の目的で住居に侵入されることもありうるので、とくに注意が必要といえます。ここではストーカー被害にあったときの対策と注意点についてみてみることにしましょう。

ストーカー被害の認知件数

ストーカー被害の認知件数

ストーカー対策1:被害状況の記録や物的なものが重要な証拠に

ストーカー対策2:ゴミを出すときは、個人情報となるものはすべて裁断を。盗聴の危険も疑うべし

防犯TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも