1月に植えるおすすめのお花!年初めに春のお庭づくり

1月に植えるおすすめのお花!年初めに春のお庭づくり

家庭菜園 2021.07.16
1月に植えるおすすめのお花!年初めに春のお庭づくり

新年の始まりとして気持ちをリセットし、新たなスタートをする1月。
冬にお花を植えるイメージはわかないかもしれませんが、冬に植えるお花は厳しい寒さに強いことが特徴。準備期間として春に向けて庭づくりを始めるのにぴったりな時期です。
そこで今回は、1月に植えることができるおすすめの花をご紹介します。

1月は新たな1年の始まり!

1月は新たな1年の始まり!

1月といえば、新年のスタートにワクワクする時期ですよね。お正月から始まり、初売り、初詣、成人式、駅伝などイベントや行事が多い時期でもあります。
また、新たな1年のスタートとして目標を掲げる方も多いのではないでしょうか。1月は何か新しいことに挑戦するのに絶好のタイミングです。例えば習い事を始めたり、趣味を増やしたりするのもおすすめ。おうちでできる趣味の一つとして、ガーデニングを始めてみませんか。

耐寒性が高い!1月に植えるおすすめの花

1月に植える花は耐寒性が高く、冬の時期でも丈夫に育ちます。種からだけでなく球根や苗を植える花もあり、初心者の方でも気軽に始められますよ。
それでは、1月植えるのにおすすめの花をご紹介します。

  • ノイバラ
  • チューリップ
  • パンジー・ビオラ

ノイバラ

ノイバラ

ノイバラ(別名ノバラ)はバラ科バラ属に分類される、日本のバラの代表的な原種です。
高さは1~3mに生長し、花を咲かせたあとに生る赤い実は薬用にもなります。
ノイバラは一季咲きですが、花の数が多いのが特徴です。色は白や薄紅色の花を咲かせます。
ノイバラは寒さに耐えるため、12~2月に休眠時期を迎えます。根を傷めないようにするために、この休眠期間に植え付けを行いましょう。根が鉢植えの底から出てきたら、忘れずに植え替えをしてください。

ノイバラ

ノイバラの花言葉は「上品な美しさ」「素朴な可愛らしさ」「純朴な愛」「孤独」「才能」「詩」です。野原できれいに咲いている姿から「上品」「素朴」という言葉がつけられたそうです。また、「才能」「詩」は偉大な詩人や作曲家たちがノイバラをよく題材としていたことが由来といわれています。

チューリップ

チューリップ

チューリップはユリ科チューリップ属の球根植物です。子どもから大人まで誰もが知っているポピュラーなお花ですよね。
数千もの豊富な品種数があり、赤やピンク、黄、白など様々な色で春を彩ります。また、耐寒性が高く、冬に植えてもしっかりと育つのが特徴です。
チューリップは3月~5月の中で早咲き、遅咲きと開花時期が分かれるので、基本は1つの鉢に1品種植え付けるのが一般的です。品種や地域によって植え付けの時期も異なってきます。一般的に紅葉が見頃となる時期が目安ですが、発芽している球根(芽出し球根)であれば1月に植え付けが可能です。
チューリップの葉が枯れてきたら次のシーズンのために球根を掘り上げましょう。

チューリップ

チューリップ全般の花言葉は「思いやり」です。
贈り物としても人気のチューリップは、色によってそれぞれ意味が異なるのでぜひお気に入りの花言葉を見つけてみてください。

パンジー・ビオラ

パンジー・ビオラ

パンジー・ビオラはスミレ科スミレ属に分類される花です。かつては花が大きいものをパンジー、花が小さく一株にたくさん咲くものをビオラと呼んでいましたが、現在は複雑に交雑された園芸品種が登場し、区別ができなくなっています。
色や形の種類が豊富で毎年新種が作られており、ピンク、赤、黄色、オレンジ、白、紫の他、複色の花も咲きます。
冬になると花の数は少なくなりますが、適切な管理をしていれば問題ありません。暖かくなるとまた次々咲いてくるので、春には華やかな花壇になりますよ。中には耐寒性の高い品種もあり、冬から植えられる花として人気があります。
1月は種ではなく苗を植え付けします。長い期間花を咲かせるため、栄養となる肥料は定期的に与えてください。

パンジー・ビオラ

パンジーの花言葉は「感謝」「誠実」、ビオラの花言葉は「忠実」「誠実」「信頼」「物思い」「少女の恋」「私のことを思って」です。
どちらも色によって花言葉は異なりますが、どの色も素敵な意味を持っています。

年末年始は「振り込め詐欺」や「空き巣」に要注意!

年末年始は犯罪が多発する時期であることをご存じですか。1年でもっとも忙しい月といわれ、人々の動きやお金の流通が活発になるため、高齢者を狙った振り込め詐欺が多発する傾向にあります。
また、空き巣による被害にも注意が必要です。侵入窃盗の発生件数は年々減少傾向にありますが、それでも平成30年度には1日当たり86件の被害が報告されています。特に年末年始は帰省や旅行などで家を空けることが多くなるため、被害に遭わないか心配ですよね。

そんなとき自分でできる防犯対策の一つがガーデニングです。ガーデニングは庭を華やかにするだけではありません。しっかり手入れがされている庭は空き巣や泥棒が侵入を避けるため、実は防犯対策にも効果的です。逆に手入れがされていない庭は「防犯意識が低い」と判断され、伸びきった雑草や草木は空き巣の身を隠し、侵入しやすい環境を作ってしまうのです。
冬の間も庭の手入れを行うことで、空き巣の侵入を防ぎましょう。

さらに高度な防犯対策としておすすめなのが、ALSOKの「ホームセキュリティBasic」です。「ホームセキュリティBasic」は、ご自宅を365日24時間警備。異常を検知すると、ガードマンが現場に急行します。
また、外出時にご自宅の様子を見たい場合は「HOMEALSOKアルボeye」で家の中を確認でき、異常があればすぐにお知らせして必要に応じてガードマンが駆けつけます。

日頃から防犯意識を持っておくことが被害に遭わないための大切なポイントです。
安全安心の環境づくりにALSOKのホームセキュリティを活用しませんか。

まとめ

今回ご紹介したノイバラ、チューリップ、パンジー・ビオラは、冬の厳しい寒さを乗り越えてきれいな花を咲かせます。春に向けた庭づくりもでき、防犯対策にもなって一石二鳥。新しい1年のスタートとして、ぜひ挑戦してみてください。

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも