チャイルドシート・ジュニアシートは何歳からいつまで?使用義務がある年齢とは

チャイルドシート・ジュニアシートは何歳からいつまで?使用義務がある年齢とは

子ども 2021.09.30
チャイルドシート・ジュニアシートは何歳からいつまで?使用義務がある年齢とは

車に乗っておでかけをするとき、小さなお子さまがいるご家庭ではチャイルドシートかジュニアシートを使用しますよね。急ブレーキや事故で子どもに怪我をさせないための必須アイテムですが、チャイルドシートからジュニアシートへは何歳から切り替えるのか、いつまで使うべきなのでしょうか?
そこで今回は、チャイルドシート・ジュニアシートの使用義務や正しい使用方法についてご紹介します。

チャイルドシートは何歳から?いつまで使う?

チャイルドシートの使用義務は、0歳から6歳まで

チャイルドシートは、道路交通法第71条の3 第3項において、6歳未満の幼児の使用が義務付けられています。
小さな子どもは自分で身を守ることが難しいため、身体をしっかり固定していないと事故や急ブレーキの際に大怪我につながる危険性があります。そこで、6歳未満の子どもと車に乗る際は必ずチャイルドシートを使いましょう。

使用義務が免除される場合は?

子どもがチャイルドシートを嫌がるからといって使用義務は免除されません。チャイルドシートの使用義務が免除されるのは以下の場合です。

  • 座席の構造上、チャイルドシートを固定することができない場合
  • チャイルドシートを使用すると定員人数が乗車できなくなる場合
  • 幼児がケガや病気等でチャイルドシートの使用が療養上または健康保持上適当でない場合
  • 肥満など幼児の身体の状態によって、チャイルドシートの着用が困難な場合
  • バス・タクシーなど、一般旅客運送事業用の車を利用する場合
  • チャイルドシートでは授乳等の日常生活上の世話ができない場合 など

これらはすべて道路交通法によって定められているため、自己判断ではなく免除の要件をしっかり把握しておきましょう。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートは、乳児用・幼児用・学童用の3種類があります。

乳児用

  • 年齢:0歳~1歳くらい
  • 体重:13kg未満
  • 身長:70cm以下

幼児用

  • 年齢:1歳~4歳くらい
  • 体重:9~18kg
  • 身長:65~100cm

学童用

  • 年齢:4歳~10歳くらい
  • 体重:15~36kg
  • 身長:135cm以下

近年、日本で販売されているチャイルドシートは、乳幼児兼用として使用できる製品が一般的です。製品によっては、幼児用・学童用で兼用できるものもあります。

ALSOK

ジュニアシートは何歳からいつまで?

ジュニアシートとは、学童用のチャイルドシートのことです。

ジュニアシートの使用は4歳(身長約100cm・体重15kg)から

ジュニアシートは、一般的に4歳以降の子どもが使用するシートのことです。子どもの身体が大きくなってくると、チャイルドシートでは支えきれない場合があります。成長に合わせて、チャイルドシートからジュニアシートへ切り替えましょう。
ジュニアシートの使用は、年齢よりも子どもの身長や体重を目安にする方が適切です。身長が約100cm、体重15kgに達したあたりでチャイルドシートからジュニアシートに切り替えるのが良いでしょう。

チャイルドシート・ジュニアシートは、6歳を超えたら不要というわけではありません。
シートベルトの使用に適している身長は140cm以上とされています。年齢が6歳を超えていても、身体の小さい子どもにはチャイルドシート・ジュニアシートを使うようにしましょう。チャイルドシート・ジュニアシートは法律を守るためではなく、お子さまの命を守るために使用するものです。

チャイルドシート・ジュニアシートの正しい使用方法

自動車乗車中のチャイルドシート使用有無別致死率比較グラフ

警察庁によると、チャイルドシートを適正に使用している場合と使用していない場合では、致死率が約8.1倍になります。

チャイルドシート・ジュニアシートは正しく使用しなければ、事故や急ブレーキの際にシートから身体が飛び出してしまうなど本来の効果を発揮できません。正しく使用することが子どもの命を守ることにつながるのです。
ここからは、チャイルドシート・ジュニアシートの正しい使用方法をご紹介します。

チャイルドシートの正しい使用方法

チャイルドシートの正しい使用方法

チャイルドシートを座席に取り付けるときは、体重をかけて車の座面に沈みこませ、シートベルトでしっかり固定しましょう。ハーネスは子どもの肩の位置に合わせ、大人の指が滑り込む程度に締め付け具合を調節します。
近年は、ISOFIX(アイソフィックス)仕様のチャイルドシートが増えています。ISOFIXとは、車体の金具部分にチャイルドシートのコネクターを連結する仕様の国際標準規格のことです。ぐらつきや装着後のゆるみがなく、安全に固定ができます。

チャイルドシートは、新生児・乳児の間は後ろ向きで使用(ベッドタイプであれば横向き)、幼児用として使用する際は前向きにします。製品によって設置の仕方が異なるため、取扱説明書をしっかり読んで設置しましょう。

チャイルドシートの設置場所に決まりはありませんが、助手席ではなく後部座席に設置するのが望ましいとされています。事故の際に作動するエアバックは小さな子どもの身体では衝撃が強く、かえって危険な可能性があるため、なるべく後部座席で使用しましょう。

ジュニアシートの正しい使用方法

サブタイトルH3

ジュニアシートには、背もたれのあるシートタイプと背もたれのないブースターシートがあります。
ジュニアシートは自動車のシートベルトを正しい位置で装着できるように座高を調節するものなので、座席の背もたれを倒し過ぎないようにしてください。
シートベルトを締めるときはジュニアシートのツメの下にベルトを通して、しっかりと固定させましょう。
ジュニアシートの場合も、助手席ではなく後部座席に取り付けることをおすすめします。

車から降りた後の子どもの安全対策は?

子どもが小さいうちは、常に目の届く場所で安全を確認したいものですよね。しかし子どもは大きくなるにつれて、段々親の目の届かない範囲で生活することが多くなっていきます。様々なものに興味を持つようになるので、知らない人でも警戒心をあまり持ちません。家の中や車の中では親が守ることができますが、一歩外へ出ると子ども自身で自分の身を守ってもらうしかないため、日頃から子どもの防犯意識を高めておく必要があります。

外出時の子どもの防犯対策強化のために、ALSOKではお子さま向けのみまもりサービス「まもるっく」をご提供しています。
まもるっくはGPSを内蔵した小型端末で、保護者との通話も可能です。万一のときは付属のストラップを引っ張ることで「緊急通報+防犯ブザーの鳴動」を同時に行えます。緊急通報があると、保護者の方へすぐに通報現場の位置情報と状況を通知。依頼があればガードマンが現場へ駆けつけて対処します。

外出時の子どもの安全を守るために、ALSOKの防犯サービスを活用してみませんか。

まとめ

今回は、チャイルドシート・ジュニアシートの使用義務や正しい使用方法についてご紹介しました。家族で楽しくおでかけするときは移動中の安全性もとても重要ですよね。子どもの安全を守るためにも、身長や体重に合わせてチャイルドシート・ジュニアシートを適切に活用しましょう。

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも